食肉にハンセン病リスク、ブラジルのアルマジロ

ココノオビアルマジロ。ブラジル西部のパラー州に生息するココノオビアルマジロの62%で、ハンセン病の原因菌である「らい菌」が確認された。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー