【動画】都市に出没したトラ、無事に森へ、ロシア

絶滅危惧種のシベリアトラ、8カ月のリハビリを経て野生復帰に成功

2017.05.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】街中で保護されたシベリアトラ、森へ帰る。(解説は英語です)

 5月15日、シベリアトラの「ウラジック」が、ついに自由の身になった。

 このシベリアトラ(アムールトラとも呼ばれる)は、都市部で捕獲されたもので、8カ月にわたるリハビリテーションセンターでの野生復帰訓練を終え、このほど極東ロシアのビキン国立公園に戻された。(参考記事:「動画:シベリアのアムールトラ」

「ウラジック」という名は、このトラが捕獲された都市ウラジオストクにちなんでつけられた。ロシアの民間団体アムールトラセンターの発表によると、2016年10月、トラが街中を徘徊しているのに驚いた住人たちが携帯電話でこれを撮影、ウラジックは一躍有名になった。

 アムールトラセンター極東支部所長セルゲイ・アラミレフ氏は、この発表の中で、ウラジックがどのようにして都市部にたどりついたかは不明だとしている。(参考記事:「【動画】ヘラジカ、住宅地で迫力のガチンコ対決」

 しかし、オスのトラは行動範囲が広く、繁殖相手のメスあるいは狩りの獲物を求めて何百キロも移動する。今回ウラジックが放された国立公園は、ウラジオストクから約560キロのところにあり、その区域から迷い出ていた可能性もある。2016年10月20日、警察にウラジックが近郊の湾岸地域をうろついているとの通報が入った。警察は現場に急行し、麻酔銃で撃った。

家族で行動するトラの単独行動はまれ

 ウラジックを野生に返すための準備は、容易ではなかった。捕獲された時点での年齢は推定3才、体重は130キロ余り、けがはなかった。リハビリテーションの一環としてセンターは病気にかかっていないか調べ、検査して、居場所が確認できるように発信器をつけた。(参考記事:「【動画】野生復帰したトラに子ども、初めて確認」

 ナショナル ジオグラフィク協会がアムールトラセンターの広報官アンドレイ・ショーシン氏から受けたメールによると、リハビリテーションセンターは、公園内で「闘争中のトラ」や、健康を害しているトラを助けているという。獣医が治療を行い、野生に戻すための準備として狩りの仕方などを教えることもある。(参考記事:「【解説】サファリパークでトラに襲われ死傷、中国」

 都市に迷い込んだウラジックを保護したレンジャーたちは、このトラが具合が悪いか、傷を負っているのではないかと心配した。捕獲前に出た報道の中で、シベリアトラが同地域に出現するのは珍しい上に、通常、家族と共に移動するトラが単独で行動するのは極めてまれだと書かれていたからだ。

 野生に戻されるにあたり、ウラジックは多量の鎮静剤を投与され、金属製の檻に入れられた。アムールトラセンターのレンジャーと世界自然保護基金(WWF)ロシア支部の代表者、そしてロシア天然資源・環境省大臣セルゲイ・ドンスコイ氏に付き添われ、ウラジックは小型ヘリコプターで公園まで連れて行かれた。

 トラを放す場所として選ばれたのは、川の周囲に木々がうっそうと茂る人里離れたところだ。奥地に放せば、ウラジックが将来、都市部に迷い込む恐れはないと考えたためだ。

自由になると川原を走り、森の中へ姿を消した

 今回の動画ではトラが放される様子が映されているが、ヘリコプターから檻が降ろされ、扉が開かれても、ウラジックはとまどったように檻から出ず、危険がないか周囲をうかがっている。その後、檻から跳び出て自由になると、川原を走り、森の中へ姿を消した。

 アムールトラセンターでは、リハビリテーションの際にウラジックの首に取り付けたGPS発信器により、今後も行動を観察することにしている。

 ウラジックはいずれビキン国立公園にいる他のシベリアトラと合流するだろう。同地には絶滅が危ぶまれるシベリアトラの全個体数の1割が生息している。(参考記事:「絶滅危惧種、シベリアトラのゲノム解読」

 シベリアトラはロシアに生息する保護種の一つだ。1930年代にはわずか30頭しかいなかったが、その後大幅に回復した。(参考記事:「世界の野生トラが回復、過去5年で20%増」

 WWFの推定では、現在500頭のシベリアトラが極東ロシアに生息している。(参考記事:「ロシアで野生トラが増加、500頭超に」

文=Sarah Gibbens/訳=潮裕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加