宇宙から見た夜の地球、4年でこれだけ変化した

NASAの地球観測衛星スオミNPPのデータを基に、2012年から2016年の間に夜間の光量が増した場所(青)、減った場所(ピンク)を示している。(Map by John Nelson)

【元の記事へ戻る】