史上最大規模、子ども140人の集団生贄を発見

エルニーニョ・南方振動(ENSO)は、赤道太平洋の海水温が上昇したり低下したりする気候パターンである。海水温が上昇すると、表面温度が高い範囲(赤で示す)が赤道をまたいで広がり、激しい雨をもたらして、近海漁業は大打撃を受ける。研究者たちは、ラス・リャマスの集団生贄は、西暦1400年~1450年にかけて発生した大規模なENSOの影響を和らげてほしいと神々に祈願するために行われたのではないかと考えている。(NOAA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー