インカに「文字」?解読の有力な手掛かり発見か

板とひもで作られたより複雑な「キープボード」を調べる人類学者のサビーン・ハイランド氏。キープボードはアンデス高地に伝わる植民地時代の発明品だが、インカ帝国が育んできた技術が詰め込まれている。(PHOTOGRAPH BY CHRISTINE LEE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー