世界初の希少イノシシ動画、もみあげが立派

新たな調査により生息数400頭未満と判明、絶滅の危機に

2016.04.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】きわめて珍しいバウェアンイボイノシシ。動画に収められたのはおそらく世界で初めて。(Bawean Endemics Conservation Initiative, BEKIによる撮影)

 ある研究者がインドネシアの小さな島バウェアン島の森を1日中歩き回った果てに、世界でも指折りの珍しい動物に遭遇した。バウェアンイボイノシシだ。

 見つけたのはオランダVHL応用科学大学の研究者であるマルク・ラドメーカー氏。「いきなり目の前に現れ、私と見つめ合いました。頭に大きなイボと、白く長いたてがみをたくわえたおとなのオスです。実際は一瞬のことだったかもしれませんが、私には永遠に感じられました。あの瞬間を思い出すと、今でもうれしくなります」

 バウェアンイボイノシシのことはほとんど知られていない。ジャワ島とバウェアン島に生息するスンダイボイノシシの亜種と考えられているが、最近の研究で独立した種とすることも提唱されている。イノシシ科17種のうちほぼ全種が絶滅の危機に瀕しているが、研究はほとんど行われていないのが実情だ。

 ラドメーカー氏は、カメラトラップ(自動撮影のカメラ)を使った調査によって、このイノシシの家族が食事をする様子や子どもが楽しそうにはしゃぐ姿を写真や動画に収めたほか、撮影したデータをもとに、世界で初めて野生の同亜種の個体数を科学的に推定した。全体で400頭未満、うち成体は250頭前後という結果だった。

 4月6日付の学術誌「PLOS ONE」に掲載された論文によると、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの基準にしたがえば、今回推定した個体数は絶滅危惧種に分類される。生息数が非常に少なくかつ孤立しているため、わずかな環境の変化でも、「事態が急激に悪化する可能性がある」とラドメーカー氏は警鐘を鳴らす。(参考記事:「イボイノシシの体を掃除するカメを発見、南ア」

オスのバウェアンイボイノシシは、ふさふさのもみあげと大きなイボがトレードマークだ。(PHOTOGRAPH BY DINDA RAHAYU ISTIQOMAH,  BEKI; IN: ECOLOGY, CONSERVATION AND MANAGEMENT OF WILD PIGS AND PECCARIES (IN PRESS). MELLETTI M. & MEIJAARD E. EDS. CAMBRIDGE UNIVERSITY PRESS.)
オスのバウェアンイボイノシシは、ふさふさのもみあげと大きなイボがトレードマークだ。(PHOTOGRAPH BY DINDA RAHAYU ISTIQOMAH, BEKI; IN: ECOLOGY, CONSERVATION AND MANAGEMENT OF WILD PIGS AND PECCARIES (IN PRESS). MELLETTI M. & MEIJAARD E. EDS. CAMBRIDGE UNIVERSITY PRESS.)
[画像のクリックで拡大表示]

ちょっと小柄

 研究チームは、2014年末から2015年初頭にかけて、バウェアン島のはずれにある保護区全域にわたり、20台のカメラトラップを設置した。

 設置当時、192平方kmと小さなこの島にバウェアンイボイノシシが存在するかどうかすらわからなかった。そのため、初めて動画を確認したラドメーカー氏らは「安心と同時に興奮し、今にも踊り出しそうでした」(一方で不愉快だったのは、いたずら好きのサルが終始カメラトラップのロープを引っ張っていたことだとか)(参考記事:「食べ物を洗う、グルメなイノシシが見つかる」

 映像からこのイノシシの大きさを推定したところ、体長約50cmと、ジャワ島にすむ仲間よりも小柄であることがわかった。

 この研究に関与していないインドネシア科学院のイノシシ専門家、ゴノ・セミアディ氏は、「バウェアンイボイノシシの研究を続けて15年になりますが、これが現時点で最も信頼できる個体数です」

農家とのトラブルも

 この雑食のイノシシには天敵がなく、幅広い食べ物(腐りかけの植物を含む)を食べ、糞として種子をばらまくことで、環境と健康を維持している。

 しかし、彼らの多様な食生活は、地域住民とのトラブルのもとにもなっている。

この亜種は、ジャワ島の北に位置する192平方kmのバウェアン島にしか存在しない。(PHOTOGRAPH BY SANDY LEO, BEKI; IN: ECOLOGY, CONSERVATION AND MANAGEMENT OF WILD PIGS AND PECCARIES (IN PRESS). MELLETTI M. & MEIJAARD E. EDS. CAMBRIDGE UNIVERSITY PRESS.)
この亜種は、ジャワ島の北に位置する192平方kmのバウェアン島にしか存在しない。(PHOTOGRAPH BY SANDY LEO, BEKI; IN: ECOLOGY, CONSERVATION AND MANAGEMENT OF WILD PIGS AND PECCARIES (IN PRESS). MELLETTI M. & MEIJAARD E. EDS. CAMBRIDGE UNIVERSITY PRESS.)
[画像のクリックで拡大表示]

 研究チームのデータから、バウェアンイボイノシシは作物が豊富な地域の森林で大半の時間を過ごしていることがわかる。この森林は、保護区域の境界線となっている。イノシシが農作物を荒らし、農家が仕返しに殺すという事態がしばしば発生している。イノシシに関するトラブルを減らし、より深く調査を進めるには、農家との協力が不可欠である。

 もう1つの問題が、バウェアン島の保護区域が明確に示されていないこと。そのため、人々が伐採や農業の範囲を徐々に広げ、保護区への侵入を続けている。「生息地が失われないよう、イノシシを守らなければなりません」

 希望があるとすれば、同島住民の大多数がイスラム教徒であること。豚肉と同じようにこの猪肉も食べられることはなさそうだ。(参考記事:「インドネシア 亡き家族と暮らす人々」

文=Christine Dell'Amore/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加