世界最大の鳥の巣、建造に「厳しい監督」が貢献

攻撃的な鳥が怠け者に罰を与える

2016.03.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャカイハタオリの巨大な巣。アフリカ、ナミビアにて撮影(PHOTOGRAPH BY GAVIN M. LEIGHTON, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 アフリカ南部に生息する小型の鳥シャカイハタオリ(Philetairus socius)は、重さ1トン、最大500羽もの鳥が住める巨大な巣を作ることで知られている。(参考記事:「シャカイハタオリ、動物界の建築家たち」

 今回、新たな研究によって、この巨大な共同住宅の建造および維持に「攻撃的な監督者」が貢献しているとする研究成果が発表された。監督役の鳥が巣作り中の鳥を監視し、怠け者を見つけては罰を与えているというのだ。

 この研究はナショナル ジオグラフィック協会の支援を受けて実施されたもので、米コーネル大学鳥類研究所のギャビン・レイトン氏らが、2016年3月16日付の学術誌『PLOS ONE』に論文を発表した。

 巨大巣には共用部と個室があるが、論文によると、共同巣作りの任務をさぼり自分の個室作りに集中した鳥は、巣から追われる。しかし、追われた鳥が巣に戻るときは、以前よりもずっと協力的になっていると言う。(参考記事:「巨大なアリ塚を築くシロアリの集合精神」

機を織るように巣を作り上げるシャカイハタオリ(PHOTOGRAPH BY GAVIN M. LEIGHTON, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 この機織り職人の共同体において、攻撃的な鳥たちは、全体の利益のために共同体をまとめようとしているのではないかと、論文著者のレイトン氏は考えている。「巣作りを促進する攻撃行為は、コンスタントに行われています。つまり、このように大きな巣は攻撃行為のおかげでできていると考えられます」

居候の存在

 幅6m、重さ1トン以上の巣には、いくつもの大家族が暮らしており、それぞれの家族が睡眠や繁殖のための個室を持つ。(参考記事:「巣を枝からぶら下げるオオツリスドリ」

 家族どうしの関係がそれほど親密でなかった場合、共同部分の巣作りを他人に任せながら、その恩恵はちょうだいしたいと考える者がいてもおかしくない。「だからこそ、他者との協力を確実にするために、強制力が重要になるのではないかと私たちは考えています」

シャカイハタオリの巣には500羽もの鳥が住める(PHOTOGRAPH BY GAVIN M. LEIGHTON, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 アイデアは「非常に興味深い」ものの「これが共同巣の構築を推進しているとは考えにくい」と疑問を呈しているのは、英シェフィールド大学でシャカイハタオリを研究するルネ・ファン・ダイク氏。同氏の見解によると「攻撃的な行動は比較的珍しいように見える」うえに、「巣作りに参加している鳥は全体の50%程度で、そのほとんどがオスです。つまり、罰則を受ける必要がある居候がたくさんいる」ことになってしまう。(参考記事:「クモの性格、仕事の成果を決める?」

 一方で、「強制力が役割を果たしているなら、攻撃を避けるために必要以上に巣を大きく作ってしまうことが想像できます」と、英エジンバラ大学のマチュー・パケ氏は指摘する。

巣の中には、家族ごとの個室がある(PHOTOGRAPH BY GAVIN M. LEIGHTON, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

鳥では初、人間では?

 この研究は鳥が集団の利益のために攻撃を用いて協力を促すことを示した初めての例であるとレイトン氏は主張する。

 こうした行動は社会性動物の間でも珍しく、報告されている例はわずかだ。そのうちの1つ、ハダカデバネズミは、同じように気を引き締める必要があるメンバーに罰を与えることが知られている。(参考記事:動物大図鑑「デバネズミ」

 もちろん、人間もその例の一つだ。「共同部分に貢献する人ほど攻撃的だし、逆に私有部に注力する人ほど攻撃を受けやすいものですからね」とレイトン氏。

 でもシャカイハタオリの場合、怒りを買って追放されても、少なくとも戻る方法が残されている。

文=James Owen/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加