【動画】授乳中と思われるシロナガスクジラの親子

謎が多い史上最大の動物のシロナガスクジラ。その一つが、明らかになるかもしれない

2016.03.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】授乳中と考えられるシロナガスクジラの母子。ドローンを使って撮影された(音声・文字は英語です)

 ある美しい映像がきっかけで、史上最大の動物の謎が1つ、明らかになるかもしれない。その謎とは、シロナガスクジラの授乳方法である。(参考記事:動物大図鑑 シロナガスクジラ

 ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーで米オレゴン州立大学で海洋生態学を研究するリー・トーレス教授は、ニュージーランド西海岸沖のサウスタラナキ湾で調査クルーズ中、授乳中と思われるシロナガスクジラを発見した。2月5日に撮影された動画には、波の下で母親が子供に授乳していると思われる様子が写されている。

 断言できないものの、水面での呼吸後に母親の下にもぐり、同じ場所にしばらくいる動作を繰り返している様子は、授乳中であることを強く示唆しているとトーレス教授。事実であれば、シロナガスクジラの授乳を収めた初の映像となる。

ドローンがとらえた珍しい映像

 調査船で同エリアを探索中に2頭を見つけた研究チームは、安全な距離を保ちながら小型ドローンを飛ばした。これは、過去に同教授がクジラの大きさの測定や、米国西海岸沖でコククジラの個体数を数えたときと同じ方法だ。(参考記事:【動画】シロナガスクジラの生態を追え!

「船から見たときは、2頭が何をしているのかわかりませんでした。でも、ドローンを使った上空から見下ろした映像からは、母親と子どもの連携のとれた動きがはっきりと見えたんです。とても美しい光景でした」

 シロナガスクジラの乳頭は、水中で体の流線形を保つため、ひだで覆われ隠れている。子どもが母乳を飲む正確な方法は知られていないが、おそらく母親が腹筋を使って乳頭を露出し、子どもの口に向かって母乳を放出させるのではないかと教授は言う(多くの陸生哺乳類が持つような柔らかい唇がないため、乳頭を吸うことはできない)。

 シロナガスクジラの母乳は非常に濃く、その40%は脂質、13%はタンパク質から成る。これとは対照的に、ヒトの母乳はかなり薄く、4%の脂質と1%のタンパク質しか含まない。それでもシロナガスクジラの子どもは1日90kg太るために、190リットルの母乳を飲まなければならない。

 シロナガスクジラは、5~7カ月の授乳期間中に1万7000kg太る。映像の子どもは、おそらく生後4~6カ月ぐらいだろうと教授は推測している。

個体数は増えているのか?

 映像のクジラは、シロナガスクジラの亜種、ピグミーシロナガスクジラではないかと教授は言う。そのような名前でもやはり巨大で、体長27mほどに成長する。なお、南極にすむ最大の亜種は体長34m程度である。ピグミーシロナガスクジラの生息数(1万頭という推計もある)やニュージーランド沖にすむ数、回遊先などはあまり知られていない。

 教授は2月の調査旅行中、狭いエリア内で映像の親子を含めて5組の母子のほか、10頭のおとなを見つけた。シロナガスクジラがここまで密集していることはまれだが、その主な理由が、主食であるオキアミが豊富なことだと考えられている。

「授乳行為や多くの親子を見たことから、この集団が繁殖していること、そしてこのエリアは母親が子育てをするのに重要な場所であることがわかります」

 ピグミーシロナガスクジラは、ほかのシロナガスクジラ同様、20世紀前半の捕鯨で絶滅寸前に追い込まれた。教授は、同種が少しずつ戻ってきているようだと楽観的だが、まだまだ多くの情報が必要だ。

 シロナガスクジラは、船との意図せぬ衝突や、石油・ガス開発の騒音で仲間とのコミュニケーションが邪魔される影響などから、依然として脅威にさらされている。(参考記事:シロナガス個体数、船舶衝突の影響は?シロナガスクジラ、鳴き声の大きな生物

 教授は、研究継続のために、ニュージーランドへの再訪を望んでいる。「シロナガスクジラとその生息環境の保護のため、このエリアを適切に管理することが必要なのです」。トーレス教授は、そう付け加えた。(参考記事:2009年7月号 シリーズ 地球のいのち シロナガスクジラ

文=Brian Clark Howard/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加