1500年前の捕鯨の岩絵、チリのアタカマ砂漠で

300を超える絵が発見された。海の動物を描いたものが多いが、道具やいかだを記録したものもある。(PHOTOGRAPH BY BENJAMIN BALLESTER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー