【動画】洞窟で涼む熱帯のゾウガメが見つかる

カメでは初の事例、セーシェルのアルダブラ環礁

2016.02.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォトギャラリー:洞窟で涼むアルダブラゾウガメ

個体数データ収集の一環として体重測定中のアルダブラゾウガメ。(PHOTOGRAPH BY THOMAS PESCHAK, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
日陰を取り合うカメ。暑い場所に長時間いると、甲羅の中で「ゆでガメ」になってしまう。(PHOTOGRAPH BY THOMAS PESCHAK, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
数千頭だったアルダブラゾウガメの個体数は、この100年で10万頭超に回復している。(PHOTOGRPAH BY THOMAS PESCHAK, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
アルダブラゾウガメは頻繁に交尾をする。1頭のメスは最大25個の卵を産むが、孵化した子どもの死亡率は低い。(PHOTOGRAPH BY THOMAS PESCHAK, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
日中、日陰を求めてさまようカメ。(PHOTOGRAPH BY THOMAS PESCHAK, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]
アルダブラゾウガメの人間以外の天敵はいない。だから、首を出したままでも安全に眠れる。(PHOTOGRAPH BY THOMAS PESCHAK, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

文=Jason Bittel/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加