【動画】洞窟で涼む熱帯のゾウガメが見つかる

カメでは初の事例、セーシェルのアルダブラ環礁

2016.02.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】セーシェルのアルダブラ環礁にすむアルダブラゾウガメは、独自の方法で涼を取る。洞窟の中で過ごすのだ。

 熱帯地方に住むゾウガメは、日差しを避けなければ死んでしまう。

 と言っても、1日の中で最も暑い時間帯を岩や木の陰に隠れてやり過ごすのが通常だ。

 しかし、インド洋セーシェル諸島のアルダブラ環礁に住むアルダブラゾウガメ(Aldabrachelys gigantea)は違う。洞窟に隠れるという、ゾウガメを含むあらゆる陸ガメの中でも類を見ない、独特の方法で涼を取る。

 それだけではない。洞窟に暮らすこの爬虫類を発見した研究チームのリーダーであるデニス・ハンセン氏によると、この行動を数百年前からとっていたと考えられる理由があると言う。

 アルダブラゾウガメが毎日のように洞窟から這い上がる道のりが、もともとゴツゴツしていたはずなのに、何百年もかけてつるつるになっているのだ。(参考記事:「183歳のカメのジョナサン元気に、最高齢の動物」

 スイス、チューリッヒ大学の熱帯生態学者であるハンセン氏は言う。「アルダブラゾウガメは、この道をとても長い期間使ってきたのでしょう」

日陰か、死か

 アルダブラ環礁の気温は、11月から4月の雨季には42~43℃にまで上昇する。

 隆起サンゴ礁をすみかとするおよそ10万頭のゾウガメにとって、陰を見つけることは不可欠だ。さもなければ、熱中症や死亡の危機に直面する。(参考記事:「ペルム紀末の致死的猛暑、再び起こる?」

 リクガメは「変温動物」で、周囲の環境で体温が上下する。米オーバーン大学の野生生物生態学者、デビッド・スティーン氏(この研究には関与していない)によると、 「彼らは体温を下げるために、哺乳類のように荒い息をしたり汗をかいたりすることはできません。そのため、涼しい場所を見つけなければならないのです」

 日差しが強くない時間帯は低地の草原で過ごすが、午前半ばには涼しい洞窟への移動を開始する。

 研究チームのメンバーであるチューリッヒ大学のフィールド生物学者、リチャード・バクスター氏はこう言う。「彼らは通常、群れを成して移動します。長い長いカメの行列です。とても歩みが遅いのは想像に難くないでしょう」

次ページ:【フォトギャラリー】洞窟で涼むアルダブラゾウガメ

 ハンセン氏とバクスター氏が見つけた2つの洞窟のうち、大きい方は深さ5m近くで、一度に85頭のカメが入れる広さだった。

 しかし、この洞窟までの距離は、どの茂みからも80m以上ある。つまり、動きの遅いカメにとって、この小さな洞窟に頼ることはとても危険なのだ。実際、遅れたカメには厳しい運命が待ち受けている。洞窟の入口付近にカメの骨が散乱しているのがその証拠だ。

 ちなみに同種は、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで危急種(vulnerable)に指定されている。(参考記事:「絶滅寸前の巨大スッポン死ぬ、残るは3匹のみ」

カメに階級が存在する可能性も

 ナショナル ジオグラフィックの助成金を受け、ガラパゴスゾウガメを研究しているスティーブン・ブレーク氏は、洞窟内であらゆる種類の興味深い社会現象が起きているのではないかと考えている。(参考記事:「ガラパゴスのゾウガメに「新種」発見」

「有力な個体がベストスポットを確保するといった、ヒエラルキーがあったとしても何ら驚きではありません」

 例えば、洞窟に最初に入ることは、涼を取る意味ではメリットがあるだろう。一方で、洞窟から出るのは最後になる。つまり、近くでエサを食べる時間が短くなってしまう。

 空腹時、何十頭ものカメが1列になってのろのろと道をふさいでいる状況を想像してみてほしい。

環境を改変する種として

 ハンセン氏とバクスター氏は、アルダブラゾウガメが毎日洞窟に出没することで、ユニークな生態系ができる可能性があると指摘する。

 アルダブラゾウガメは、周囲の世界に強大な影響力を持つ。くちばしで植物を低く刈り取って独特の植生を構成するいわゆる「カメの芝」を作り出したり、甲羅で岩を摩耗させたり、糞で植物の種子を広めたりする。

 また、洞窟内で排出される大量の糞は、カニや昆虫などほかの動物のエサになる。

 ハンセン氏は言う。「アフリカのゾウと同じで、カメは環境の改変をまねく種である“生態系エンジニア”なのです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加