いつか訪れたい、世界の素晴らしい橋 12選

冒険好きから歴史好き、物理好きまでうならせる世界のスゴイ橋

2021.07.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界有数の美しい橋、ポルトガルの「516アロウカ橋」。訪れた人を放心状態にするような、建築技術の粋を集めた橋だ。(PHOTOGRAPH BY HORACIO VILLALOBOS, CORBIS/GETTY IMAGES)
世界有数の美しい橋、ポルトガルの「516アロウカ橋」。訪れた人を放心状態にするような、建築技術の粋を集めた橋だ。(PHOTOGRAPH BY HORACIO VILLALOBOS, CORBIS/GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 2021年5月、ポルトガルに世界最長の歩行者用吊り橋が開通した。全長516メートルの「516アロウカ橋」だ。

 この夏、旅する人は、橋を渡ることそれ自体が立派な旅だと気づくだろう。橋を渡りながら、ハンドウイルカやハヤブサに出会うこともあれば、目的地をいつもと違う視点で眺められることもある。

 イタリア、ベネチアの「ため息橋」からペルーのロープ橋「クェスワチャカ」まで、世界中で橋は旅行者に交流や探検の機会を与えてくれる。実際、今年クェスワチャカは、地域社会を文字通り結び合わせる役割を果たした。パンデミックのために整備ができず壊れてしまっていたこの由緒ある橋を、人々が力を合わせて編み直したのだ。

 スリルを味わいたい人にも自然を愛する人にも、すべての人にぴったりの橋があるはずだ。それでは、ただ渡るだけではすまない12の橋を紹介しよう。

悪魔の橋

ラコツ橋(ドイツ)

 1860年にフリードリヒ・ハーマン・ロシュケが建設を依頼した「ラコツ橋」。完璧な放物線と玄武岩の柱が特徴で、「悪魔の橋」と呼ばれる。言い伝えによれば、ロシュケは悪魔の力を借りるため、完成した橋を渡り、自らの命を捧げたそうだ。春のツツジが咲くころ、ムスカウ森林鉄道で訪れてみよう。

「悪魔の橋」はスイスやブルガリア、イタリア、フランス、スペイン、英国のウェールズ、イングランド、米国アリゾナ州にもある。

生きている根でできた橋

リビング・ルート・ブリッジ(インド)

【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー: 世界で最も素晴らしい橋12選
【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー: 世界で最も素晴らしい橋12選
名前がすべてを語る。「リビング・ルート・ブリッジ」は洪水で流されないよう、生きた木の根を編んでつくられている。(PHOTOGRAPH BY ALEX TREADWAY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

 インド、ノングリアットは世界で最も湿度の高い場所の一つ。ビンロウのジャングルには、滝がいくつもあり、ハチの群れが飛び回っている。この地に住むカシ族の人々は何百年も前から、インドゴムノキの生きた根を編んで橋をつくり、川の水位が急上昇する季節に対応してきた。「ウムシャン」と呼ばれる二重橋(近い将来、三重橋になる予定)は50人分の体重を支えることができ、数百年はもつと考えられている。(参考記事:「樹木のパワー」

 都会、自然を問わず、さらに新鮮な空気が吸いたい人には、マレーシアの「ランカウイ・スカイ・ブリッジ」や米国バージニア州、アラバマ州、アーカンソー州の天然橋、韓国の「ソウル・スカイガーデン」もおすすめ。

恐竜の尾?

ローリング・ブリッジ(英国)

 2004年に完成した「ローリング・ブリッジ」は、建築設計事務所「ヘザウィック・スタジオ」の作品。ロンドン、パディントン・ベイスンのグランド・ユニオン運河に架かる可動橋だ。不気味なほど静かな水圧システムは、映画「ジュラシック・パーク」の恐竜の尾からインスピレーションを得ている。近くにある「パディントン・ファン・ブリッジ」は日本の扇子を模した橋。どちらの橋も水曜日と金曜日の正午になると、船を通すため、橋の片側が持ち上がる。(参考記事:「奇跡の恐竜化石、世紀の大発見 写真18点」

 ほかにも意外なデザインを見たいという人は、オランダの「モーゼ橋」や中国、北京の「幸運結人行大橋」、英国の有名な「ウインクする橋」(「ゲートシェッド・ミレニアム・ブリッジ」)を訪れてみるといい。

高所恐怖症でなければ…

インカ・ロープ橋(ペルー)

【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー: 世界で最も素晴らしい橋12選
【この記事の写真をもっと見る】ギャラリー: 世界で最も素晴らしい橋12選
「クェスワチャカ」はインカ帝国の時代から残る数少ないロープ橋の一つ。全長40メートル弱で、500年以上もの間、アプリマック渓谷の両岸を結んでいる。毎年、地元の人々によって取り外され、新しい橋が編まれる。(PHOTOGRAPH BY WIGBERT RÖTH, GETTY IMAGES)

「クェスワチャカ」はインカ帝国の時代から残る数少ないロープ橋の一つ。全長40メートル弱で、500年以上もの間、アプリマック渓谷の両岸を結んでいる。毎年6月になると、地元の橋作り職人エルーテリオ・カロ・タピア氏とビクトリアナ・アリザパナ氏が近所の人々の協力を得て、古い橋を外し、イシュという草で新しい橋を編む。古代から伝わる橋づくりの儀式では、歌と踊りで祝うことになっている。(参考記事:「インカに「文字」?解読の有力な手掛かり発見か」

 北半球にも行きたいという人は、アイルランドにある高さ約30メートルの「キャリック・ア・リード・ロープ橋」からパフィン(ニシツノメドリ)やサメを探してみてはどうだろう。この橋は1755年、サケ漁を行う漁師たちがつくったものだ。もっと高いところがお望みなら、フランスの「ミヨー橋」や中国の「北盤江大橋」を車で渡ってみるといい。「北盤江大橋」は世界一高い橋で、水面からの高さは565メートルだ。

次ページ:世界最長の歩行者用吊り橋

おすすめ関連書籍

いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500 第2版

世界でシリーズ累計530万部のベストセラーの最新版が登場! 秘境から名所まで、いま行くべき場所、体験すべきことがこの1冊に。〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:3,080円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加