ギャラリー:世界最大の「サイ牧場」を撮影 写真10点
2015年10月、南アフリカ北西州クラークスドープ――ヒューム氏の土地で放牧されるサイ。ヒューム氏は世界最大のサイ牧場のオーナーで、1160頭以上のサイを飼っている。年間200頭のサイを繁殖させる目標があるが、今のところわずかに届いていない。(PHOTOGRAPH BY DAVID CHANCELLOR, KIOSK)

 南アフリカ共和国で農業を営むジョン・ヒューム氏は、1160頭を超えるサイを放牧している。「世界一」と言っていいこのサイの牧場はヨハネスブルクから南西に160kmほど離れたクラークスドープにある。牧場には獣医が常駐しているが、これは貴金属の「金」よりも価値がある「サイの角」を定期的に切り落とすためだ。こうして得られたサイの角は4トンにものぼる。

 南アフリカは、世界のサイの約8割が生息する国だ。サイの密猟は2007年には13頭に過ぎなかったが、2015年には激増し1175頭のサイの命が失われた。密猟の数は2014年以降、微減したものの、保護活動家から見れば「受け入れがたい」数字だ。(参考記事:「2014年、サイの密猟が過去最高に、南アフリカ」

 1977年以降、多くの国はサイの角の国際取引を禁止した。ところが南アフリカ国内では、2009年までサイの角は合法的に取り引きされていた。事態が変わったのは、サイの角の需要が急増したためだ。あるベトナムの政治家が「サイの角でガンが治った」と発言。この話がきっかけとなって、ベトナムを筆頭にアジアでは、「薬」としてサイの角の需要が高まった。南ア国内では、呼応するように、サイの密猟が激増。事ここに至って、ついに南アの環境省はサイの角の取り引きを禁止したのだ。(参考記事:「アフリカのサイ、困難な密猟対策」

 しかし、ヒューム氏のように放牧したサイから取った角で生計を立てている農家にとって、角の取り引きの禁止は死活問題だ。角を販売できなくなった農家は、南ア政府を訴えた。そして、2015年12月、南アの裁判所は農家の訴えを認め、角の取り引きを禁じる政府方針を覆す判決を下した。

 南ア政府は判決を不服としてすぐに控訴したが、2016年1月21日、裁判所は政府の控訴を棄却。これに対して南アの環境相は「上告を考えている」とコメント。裁判はまだ決しておらず、最終的な司法判断が出るまでは、これまでどおり南アでのサイの角の取引は違法となる。(参考記事:「ゾウを殺してゾウを保護するという矛盾」

 以下の写真はヒューム氏のサイ牧場の様子。ナショナル ジオグラフィックから派遣された写真家デビッド・チャンセラーが撮影した。

※この記事は、ナショナル ジオグラフィックの特別調査隊(SIU)が取材と執筆を担当した。SIUは野生生物犯罪を対象とし、BAND基金およびWoodtiger基金から助成を得ている。

ギャラリー:世界最大の「サイ牧場」を撮影 写真10点
角が切除された牧場のサイ。いつでもサイの角を切り落とせるよう、年中無休・フルタイムで獣医を雇っている。この方法はサイの密猟防止にもつながる。南アフリカでサイの角の取り引きが禁止されたのは2009年のことだ。(PHOTOGRAPH BY DAVID CHANCELLOR, KIOSK)
【参考ギャラリー】2012年3月号特集「サイの悲鳴」

文=Rachael Bale/訳=堀込泰三