巨大魚フォトギャラリー:瀬戸際の巨大魚たち

世界の巨大淡水魚の70%以上が絶滅の危機に

2016.01.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バンパイア・フィッシュ
南米のガイアナ共和国にあるコロナの滝の下流で捕獲したバンパイア・フィッシュを持つホーガン氏。パラヤ(Hydrolycus scomberoides)の別名を持つこのアマゾンの捕食者は、ピラニアなどの魚を長い牙で突き刺して食べる。(PHOTOGRAPH BY ERIN BUXTON, NATIONAL GEOGRAPHIC CHANNELS)
[画像のクリックで拡大表示]

 ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーとして活躍する生物学者ゼブ・ホーガン氏は、数10年前から世界の巨大魚を求めて旅を続けている。ダム、乱獲、鉱山など、人間による脅威が生態系に被害を与えるリスクが高く、かつ、まだあまり調べられていない川が探査の対象だ。

「一刻も早く巨大魚の調査と保護をしなければなりません」と言うホーガン氏によると、世界の巨大淡水魚の70%以上が絶滅の危機に瀕しているという。体長7m、体重450kgにもなる世界最大の淡水魚、揚子江のハシナガチョウザメは、野生ではすでに絶滅しているかもしれない。(参考記事:「ダム建設に揺れるメコン川」「アマゾンの巨大ダムが7割の動物を絶滅させる恐れ」

 ホーガン氏は、世界中のダム計画において、水力発電による環境への恩恵が過大評価される一方で、魚の生息環境への悪影響が過小評価されているとする科学誌「サイエンス」に掲載された論文に言及し、「この分野で発表された論文としては、ここ数年でもっとも有意義です。大きなダムは川の生物に壊滅的な影響を与えることが多い」と警鐘を鳴らす。

 たとえば、ヒグマほどの大きさに成長する東南アジアのメコンオオナマズは、複数のダム建設による脅威にさらされている。

「彼らの産卵する場所がすべてダムの上流にあるとしたら、絶滅の一途をたどるでしょう」。20年以上メコンオオナマズを研究しているホーガン氏は言う。「どうなるのかまったく予測できません」

「巨大魚の物語は、世界中の川や湖が直面している環境危機を如実に表しています。川や湖の生物多様性は、海や陸のそれよりも急速に減少しているのです」

巨大淡水エイ

PHOTOGRAPH BY PAULO VELOZO, NATIONAL GEOGRAPHIC CHANNELS
[画像のクリックで拡大表示]

 淡水生のエイは複数の大陸の温かい川に生息し、寿命は数10年で、全長5m、体重600kgにもなる。彼らはダム、漁業、汚染の脅威にさらされている。(参考記事:「車並みの超巨大淡水エイを捕獲、世界記録か」

イタヤラ

PHOTOGRAPH BY PAULO VELOZO, NATIONAL GEOGRAPHIC CHANNELS
[画像のクリックで拡大表示]

 西大西洋とメキシコ湾の沿岸域に生息する海水魚で、英語名はゴリアテ・グルーパー(Epinephelus itajara)。体重360kg、全長2.4m超にまで成長する。かつて乱獲が行われていたが、米国では1990年から保護されている。(参考記事:「フロリダ沖のでっかい魚イタヤラ」

ジャウー

PHOTOGRAPH BY PAULO VELOZO, NATIONAL GEOGRAPHIC CHANNELS
[画像のクリックで拡大表示]

 アルゼンチンのパラナ川でジャウー(Zungaro zungaro)を見せるホーガン氏。他の魚を食べる夜行性のハンターで、最大で全長140cm、体重50kgほど。

メコンオオナマズ

PHOTOGRAPH BY ZEB HOGAN
[画像のクリックで拡大表示]

 うろこのない魚では世界最大のメコンオオナマズ(Pangasianodon gigas)。このサンプルは2002年にカンボジアのトンレサップ川で捕獲されたもので、体重160kg、全長250cmだが、もっと大きいものも見つかっている。同種は国際自然保護連合(IUCN) によって近絶滅種(critically endangered)に指定されている。

モトロ

PHOTOGRAPH BY PAULO VELOZO, NATIONAL GEOGRAPHIC CHANNELS
[画像のクリックで拡大表示]

 アルゼンチンのパラナ川で通称「オレンジスポット淡水エイ」のモトロ(Potamotrygon motoro)を持つホーガン氏。淡水魚で、全長1m、体重15kgにまで成長する。

バガリウス・ヤレリ

PHOTOGRAPH BY NATIONAL GEOGRAPHIC CHANNELS
[画像のクリックで拡大表示]

 インドのウッタラーカンド州でナマズの仲間であるバガリウス・ヤレリ(Bagarius yarrelli)を調べるホーガン氏。全長2m、体重90kgを超える。

レッドテールキャットフィッシュ

PHOTOGRPAH BY ERIN BUXTON, NATIONAL GEOGRAPHIC CHANNELS
[画像のクリックで拡大表示]

 ガイアナ共和国のレワ川で45kgのレッドテールキャットフィッシュ(Phractocephalus hemioliopterus)を持つホーガン氏。このサンプルは、過去最大の個体よりも9kgほど軽いだけだった。

文=Brian Clark Howard/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加