アメリカジガバチ(Sceliphron caementarium)に刺されるのはあまり嬉しくないが、「シュミット刺突疼痛指数」では「1」程度にすぎない。(Photograph by Rolf Nussbaumer, Alamy)
[画像をタップでギャラリー表示]

 夏になると虫が出てくるのはしょうがない。世界中どこに行っても、野外活動で肌を露出していたら、虫に刺されるリスクを避けられない。そもそも虫はなぜ人を刺すのだろうか。

なぜ刺すのか

 昆虫が刺すのは身の危険を感じたときの防御行動である、と昆虫学者ジャスティン・シュミット氏は言う。同氏は新刊『The Sting of the Wild(野生の一刺し)』で、研究のために昆虫を採集しているあいだ、数え切れないほど虫に刺されたと書いている。同氏はそれぞれの痛みの度合いを、ハチに刺される痛みを指数化した「シュミット刺突疼痛指数(Schmidt Sting Pain Index)」を使って1~4段階(数字が大きいほど痛い)に分類し、刺した虫たちの興味深い進化史を紹介している。(参考記事:「こんな生きもの、絶対に出会いたくないっ! 超危険生物勝手にワースト5選」

 たとえばアメリカジガバチは指数「1」と低く、「普通のチーズだと思って食べたら、トウガラシが入っていた」ような痛みだと説明。一方、ウォリアーワスプは指数「4」で、その痛みは「拷問」だと表現する。

 シュミット氏によると、昆虫はむやみやたらと刺すわけではない。刺した相手に反撃されると、脚や触角など体の一部を犠牲にする恐れがあるからだ。だから、色鮮やかなレッドベルベットアント(カリバチの一種)のように警告色の体をもっていたり、騒々しいセミクイバチのようにブンブンと大きな羽音を立てたりして、刺す前に私たちに注意を促す。(参考記事:「動物大図鑑『スズメバチ』」

なぜ、刺すのはメスだけなのか

 毒針は、卵を産むための管である産卵管が進化したものなので、メスにしかない。毒針と産卵管は分離していることが多いが、ヤドリバチは例外で、宿主に毒を注入して麻痺しているあいだに卵を産み付ける(動けなくなった宿主は、たやすく幼虫の餌食になる)。

 オオベッコウバチに太い毒針があるのは、毒グモのタランチュラに卵を産み付けるためだ。幼虫は卵からかえると毛深い宿主の体をエサにする。オオベッコウバチに刺される痛さは指数「4」で、万が一刺されたら「横になって悲鳴を上げる」ようシュミット氏は助言する。激痛が我慢できずに動き回ると、さらに苦痛が増す恐れがあるからだ。

カリバチの一種で10センチの羽根をもつオオベッコウバチを見つめる動物学者。(Paul Zahl, National Geographic)
[画像をタップでギャラリー表示]

なぜ針をもつ昆虫と、もたない昆虫がいるのか

 チョウやガのように、毒針をもたない昆虫が産卵するのは、植物の中ではなく表面だ。「産卵管が必要ないので、毒針を進化させなかったんです」と、米国アリゾナ州立大学の昆虫学者で、大学院でシュミット氏の教え子だったケイティ・プルディック氏は語る。

 しかしプルディック氏は、チョウやガの幼虫のなかには強力な一刺しをもっているものもいる、と警告する。「ドナルド・トランプ氏の髪の毛のような見た目の幼虫に触れてはいけません」と、プルディック氏。「刺しますから」。ボリビアバグと呼ばれるガの幼虫は、毒を分泌する針をもっていて、米国でもきわめて毒性の高いものの一つだ。

葉を食べるボリビアバグ(Megalopyge opercularis)の幼虫。ボリビアバグには毒のトゲがあり、刺されると痛い。(Photograph by George Grall, National Geographic Creative)
[画像をタップでギャラリー表示]

どうしたら刺されずにすむか

 このような「刺す虫」にはなるべく近寄らないのが最善の方法だ、とシュミット氏は言う。だが、虫刺されを防ぐ対策はまだある。息を止めるのだ。(参考記事:「熱殺蜂球を形成するミツバチの脳活動」

 湿り気があり、化学物質を多く含んだ私たちの息のにおいを、ハチは「捕食者」のものだと認識する。だから、息を止めてそろそろと動けば気づかれずにすむ、とシュミット氏は言う。私も、米国ユタ州でハチの群がる植物の脇を通り過ぎるとき試したところ、刺されずにすんだ。

 効果てきめんのアドバイスだ。だが、どんなハチの巣がそばにあっても、冷静さを保って息を止められるだろうか。そう簡単にはいかないだろう。

文=Liz Langley/訳=倉田真木