火星に巨大津波の痕跡見つかる、異論も

最新の火星津波説と第三者による意見を解説する

2016.05.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国NASAの探査衛星がとらえた、火星のアラビア大陸の地形。大昔にあったとされる津波の痕跡を調べた場所のひとつだ。(Photograph by NASA/JPL, University of Arizona)
[画像のクリックで拡大表示]

 地球では、地震による津波が大災害を起こす。だが火星では、隕石の衝突によって、地球で起こった巨大津波の10倍もの規模の津波があったかもしれない。それは、地球でいえばニューヨークの自由の女神像はおろか、ワシントンD.C.にある国会議事堂までのみ込むほどの巨大な波だったようだ。

 火星の巨大津波は、34億年ほど前に発生したとされる。その頃、2つの巨大隕石が火星北部の冷たい海に落下した。5月19日付けの英国の科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』で発表された論文によると、1度目の衝突で120メートル近い巨大な波が発生し、バスほどもある巨岩が内陸部に運ばれたという。津波による洪水で、日本の面積よりも広い57万平方キロメートルに及ぶ地域が冠水したという。

 2度目の衝突が起こったのは、それから数百万年後。火星はさらに寒冷化しており、隕石が衝突したのは水をたたえた海ではなく凍った海だった。火星の平原は水浸しになってから干上がるのではなく、半分凍った状態の波が内陸に散らばり、そこに留まった。

 波に浸食された水路や巨岩が散らばる平原、今は蒸発しているが、かつては海水をたたえていたと考えられるクレーターなどが、古代の大洪水を示す証拠であると、論文の共同執筆者で米国アリゾナ州にある惑星科学研究所のアレクシス・ロドリゲス氏は語る。(参考記事:「解説:火星に水が現存する証拠、水源はどこから?」

 興味深いことに、それは火星軌道を周回する探査衛星が集めた観測結果とも一致する。「すばらしい成果だと思います。こうしたデータで、理にかなった説がまとめられたわけですから」と、米コーネル大学のドン・バンフィールド氏は言う。

海なくして津波は起こらない

 だが、バンフィールド氏らは、その説を既成事実化する前にもう少し精査する必要があると言う。

 まず、海がなければ津波が発生するはずがない。しかし、ロドリゲス氏らが考える津波発生の時期(約34億年前のヘスペリア代)に、火星の北部に海があったかどうかははっきりしていない。

「赤い惑星」火星に、かつて水が流れていた強力な証拠はある。火星表面には、網目状に刻まれた渓谷や川の痕跡がある。だが、そうした地形ができたのはノアキス代で、およそ38億年前のこと。火星から、大気が大幅に失われたとされる時代より前のことだ。(参考記事:「キュリオシティ、火星の「動く砂丘」をパノラマ撮影」

 大気が薄くなるにつれ、火星は寒冷化し、地表には液体の水を蓄えておけなくなった。火星の古い時代の気候については不明な点が多いので、ある時期に海があったとしても、ヘスペリア代を通じてずっと大量の水が残っていたかははっきりしない。

「へスペリア代は、火星の大気は大幅に失われていたと考えられます。液体の水で浸食された跡は、ほとんどがノアキス代末期のものです」と、米ハーバード大学のロビン・ワーズワース氏は語る。

 一方、それはたいした問題にはならない、とロドリゲス氏は応じる。ノアキス代以降に、極めて塩分濃度が高く、凍結しにくい海が一時的に存在した可能性もある。それに、隕石が衝突したのが氷に覆われた海だったとしても、津波が起こる可能性は残る。とはいえ、それがどのように起きたかについては、さらなる解明が必要だ。

 保存状態のよい海岸線が見つかれば、古代の火星にあったとされる海の謎を解明するのに役立つが、その種の痕跡は特定するのも難しい。

「その時代に海があったという説も、あり得ないわけではありません」と、英ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのジョエル・デービス氏は言う。「ただし、北部にある低地の地形のほとんどは、後世の地形によって覆い隠されていて、海の直接的な証拠を探すのは難しいのです」

 しかし、ロドリゲス氏と研究チームは、ヘスペリア代に隕石が衝突して巨大津波が火星を水浸しにした結果、海岸線が消えるか、変化してしまったというのだ。「海があったとすれば、津波があったからこそ海岸線がほとんど見つからないという説明がつきます」と、ワーズワース氏は語る。(参考記事:「40億年前、火星に深さ1.6kmの海」

痕跡は消えていく

 実際のところ、地球上でも、ある地形が津波の作用でできたものだと証明するのは至難の業だ。そもそも、極めて特殊な海岸線でなければ、「紛れもなく津波の作用」と断定できる痕跡は残らない、と英国ブリストル大学のリカルド・ラマーリョ氏は言う。

 地殻活動などの作用で過去の痕跡がつねに消されている地球よりも、火星には明確にその歴史が刻まれている。だが結局のところ、巨大津波が火星の地形を形作ったことについて証明するには、海洋堆積物が移動した跡を特定するなど、調査研究を重ねていくほかない。(参考記事:「火星を周回する宇宙ステーションの計画を発表」

「津波があったという説が事実で、かつて火星に海があったと証明されることを願っています。とても心躍りますから」と、フランスのパリ大学のフランソワ・フォルジュ氏は語る。「ですがやはり、この筋書きを裏づけるには、さらなる研究が必要です。それが科学というものです」

文=Nadia Drake/訳=倉田真木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加