幻想の世界:橋の上のカゲロウの大群に取り囲まれる少年。大群の中にいると、「シルクでそっとなでられたように、肌がムズムズする」と、マルティネス氏は語る。 (Photograph by José Antonio Martínez)
[画像をタップでギャラリー表示]

 毎年夏になると、スペイン北東部のエブロ川では大量のカゲロウが発生し、中世の石橋、トゥデラ橋を覆い尽くす。橋の照明に引き寄せられて集まったカゲロウの白い翅で、辺りは雪が降っているかのように見える。(参考記事:「気候変動でカゲロウの寿命が半減、英国」

 1年間、幼虫として水中で過ごした後、このはかない昆虫は水から出て交尾し、水辺の植物に卵を産み付けると、数時間で死んでいく。しかしエブロ川の川面に群がるカゲロウの多くは、川ではなく、アスファルトに卵を産み付ける。照明のせいで道路が川面に見えるのだ。そのため、大半の卵は孵らない。(参考記事:「トビバッタの大群がエジプトに来襲」

 この地でカゲロウは重要な存在だ。科学者は、カゲロウがいればエブロ川が健全であると考える。また、カゲロウ自体が魚や鳥や小型哺乳類の餌となり、生態系が保たれている。米国ペンシルベニア州立大学の昆虫学者、グレッグ・フーバー氏は、ちっぽけなカゲロウを「まさに自然の驚異」だと言う。

 写真家のフアン・アントニオ・マルチネス氏は、2015年にカゲロウが大量発生した様子をカメラに収めた。ナショナル ジオグラフィックのスペイン版に掲載されたその写真を紹介しよう。

地面に産卵

Photograph by José Antonio Martínez
[画像をタップでギャラリー表示]

アスファルトに黄色い鞘に入った卵を産み付けるメスのカゲロウ。1匹のメスは卵鞘を2つ産む。中には合計1000個の卵が入っている。

抜け殻

Photograph by José Antonio Martínez
[画像をタップでギャラリー表示]

脱皮の第一段階。外皮(外骨格)から脱皮するオスのカゲロウ。この過程にかかる時間は1分足らず。

風に吹かれて

Photograph by José Antonio Martínez
[画像をタップでギャラリー表示]

カゲロウはほとんどが空中で脱皮するが、このオスは橋の欄干で変態を終えた。

ついに自由に

Photograph by José Antonio Martínez
[画像をタップでギャラリー表示]

カゲロウは、翅が伸びた後に脱皮する唯一の昆虫だ。

ナイトライフ

Photograph by José Antonio Martínez
[画像をタップでギャラリー表示]

オスのカゲロウ(写真)は、感覚器の役割を果たす尾毛がメスよりも長い。

カゲロウの「吹雪」

Photograph by José Antonio Martínez
[画像をタップでギャラリー表示]

橋に集まった大量のカゲロウは、まるで夏の吹雪のよう。

死のワナ

Photograph by José Antonio Martínez
[画像をタップでギャラリー表示]

腹部に卵を抱えたメスのカゲロウが、運悪くクモの巣にひっかかってしまった。多くのカゲロウはこのようにして命を落とす。

文=Wajeeha Malik/訳=倉田真木