最古の国際都市ウル、50年ぶり発掘再開

考古学者のキャサリン・バージ氏が、ウルにあった古代の住居の上に作られた墓で発掘作業をしている。ウルの没落からはるか後に寺院が点在していたこの街は、死者を埋葬する場所としてメソポタミア人によって活用されていた。(Photograph by Mahan Kalpa)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー