最古の国際都市ウル、50年ぶり発掘再開

階段式ピラミッド形寺院の「ジッグラト」。4000年前のウルにもジッグラトが建っていた。1920〜30年代にかけて、レオナード・ウーリー卿がこの一帯で発掘調査を行った。昨秋、アメリカとイラクの考古学らは、ここで数十年ぶりに大規模な発掘を再開した。(Photograph by Georg Gerster, Panos)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー