「アイスマン」の手を研究者がそっと持ち上げる。凍結した5300年前のミイラを解剖する貴重な機会だ。アイスマンは40代~50代の健康な男性で、肩に矢を受けて殺されたことがCTスキャンにより判明している。(PHOTOGRPAH BY © EURAC, MARION LAFOGLER)
[画像をタップでギャラリー表示]

 5300年前に氷づけになったミイラとして知られる「アイスマン」。発見された場所にちなんで「エッツィ」とも呼ばれるこの男性の胃の残留物について新たにDNA分析を実施したところ、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)が見つかった。しかも、それは現代ヨーロッパ人には見られないタイプの細菌株だった。(参考記事:2007年7月号特集「アイスマン その悲運の最期」

 ピロリ菌は世界中で多くの人の胃にすみついている菌で、胃潰瘍や胃がんの原因になる。科学誌「サイエンス」に1月7日付で発表された研究結果によると、アイスマンから検出されたピロリ菌株(これまで検出された中では最古)から、アイスマンが生きていたのは、ある人類移動により現代ヨーロッパ人特有の細菌株ができあがるより前の時代らしいことがわかった。

 アイスマンは1991年にイタリアとオーストリアの国境付近でハイカーに発見され、それ以来繰り返し分析されてきた。凍結した遺体が着ていた衣服の素材から、体内に入り込んだ花粉に至るまで、あらゆるものを調べた結果、初期ヨーロッパ人の外見や生活、死因などについて、多くの手掛かりが得られた。(参考記事:「ヨーロッパ諸語のルーツは東欧。DNA分析で判明」

 論文の筆頭著者で、イタリア、ボルツァーノにあるミイラ・アイスマン研究所のフランク・マイクスナー氏は、アイスマンを「最も名の知れた、最も詳しく分析された患者」と評する。

最後に食べた物は

 徹底した分析の結果、この男性は茶色の目と乳糖不耐性の体を持ち、農耕を営む共同体に暮らし、現代のサルデーニャ人に最も近いといった事実がわかってきた。2000年代には、肩に矢を受け、鎖骨下動脈を傷つけられて殺されたということも判明した。

 研究者たちが解明に躍起になったのが、アイスマンの最後の食事だ。初期ヨーロッパ人の食生活について貴重な情報が得られると期待されたが、胃と思われる器官は空っぽで、研究は何年も行き詰まっていた。状況が打開されたのは2011年、それまで胃と考えられていた箇所が実は結腸で、胃は長い凍結期間のうちになぜか胸郭の中へ押し上げられていたと判明した。ようやく見つかった彼の胃からはさまざまな食べ物が見つかった。

イタリア、ボルツァーノの南チロル考古学博物館での解剖中、アイスマンを注視する研究者。当初、アイスマンは青い目と考えられていたが、遺伝子分析で茶色と判明した。(PHOTOGRPAH BY © EURAC, MARION LAFOGLER)
[画像をタップでギャラリー表示]

 2010年にナショナル ジオグラフィック協会が一部助成して行われた解剖では、胃から「土のような」どろどろした物質が見つかり、詳しい化学分析も行われたが、当時は特に手がかりが得られなかった。しかし研究者たちはこれらのサンプルや、それまでに検出された残留物からピロリ菌を探しだすことに成功した。(参考記事:2011年11月号特集「アイスマンを解凍せよ」

 現在は衛生学の進歩で減りつつあるが、かつては全人類のおよそ半分がピロリ菌に感染していた。この菌は人間と共存する微生物としては最古の部類に入る。現在のピロリ菌株からさかのぼった遺伝子系統樹からは、10万年以上前に人類がアフリカを出たときにはもう保菌しており、やがて世界中に広まったことが分かっている。

 また、ピロリ菌は人間のDNAよりも早く突然変異を起こす。遺伝学者はこの性質を利用して、数千年の間にピロリ菌とそのキャリアである人間がどのように地球上を移動し、変化してきたか追跡している。

 現代のピロリ菌株を見ると、古代にピロリ菌の系統樹が少なくとも6つに分かれ、異なった系統の菌が地域ごとに蔓延している。しかし現代ヨーロッパ人の胃にみられるピロリ菌株は「AE1」「AE2」と呼ばれる2系統が入り混じっていると考えられている。これらの菌株がいつ、どのように混ざったのかは不明だが、「人間が手を貸した」ことは確かだ。

「ピロリ菌の宿主は人間だけですから、人間が実際に『一緒になる』以外に、菌の集団が混ざることはあり得ません」。論文の上席著者の1人で、南アフリカ、ベンダ大学のヨシャン・モードリー氏は、記者会見でこう語った。「『一緒になる』とは、近距離で接触するということです。子ども同士が一緒に遊ぶこともあったでしょう」

 これまでの研究で、古代ヨーロッパ人は当初AE1のピロリ菌を持っていたことがわかっている。この系統の菌は、中央アジアで進化し、現在南アジアで最も一般的になっている。

 一方、AE2のピロリ菌は、北東アフリカからヨーロッパへの人類移動によってもたらされたが、それがいつのことかはわかっていなかった。だからこそ死亡年代が判明しており、胃の残留物は手つかずというアイスマンが重要視されたのだ。(参考記事:「欧州人の遺伝子、形成は旧石器時代か」

胃が語る人類の歴史

 マイクスナー氏らの研究チームは、アイスマンの胃から指の爪ほどの残留物を採取し、DNAを慎重に分離して、現代のピロリ菌株と相互参照した。まず分離したDNAが古代の物であることを確認すると、次いでその大部分がアジアの株(AE1)であり、アフリカ株(AE2)に由来するのはDNAのわずかな断片に過ぎないことを突き止めた。

 つまり、北東アフリカの人々がどっと流れ込んだのはアイスマンの死後ということになる。ただし、アフリカの菌株がわずかに混ざっていることから、5000年前のヨーロッパが旅する人々の交差点であったことがうかがえる。このことは、考古学や遺伝学の証拠とも一致している。

喉から内視鏡を入れる代わりに、研究チームは「オーストリアの窓」から胃の残留物のサンプルを取り出した。オーストリアのチームが最初にアイスマンを調べた際の大きな切り傷をこう呼んでいる。(PHOTOGRPAH BY © EURAC, MARION LAFOGLER)
[画像をタップでギャラリー表示]

「移住が継続的に行われていたことで、菌も絶え間なく混ざり続けていたのです」と語るのは、論文の上席著者の1人で、ミイラ・アイスマン研究所所長のアルバート・ジンク氏だ。「一度や二度大きな移住があっただけではないといえます」(参考記事:「人類の出アフリカは定説より早かった?」

 今回の研究には関わっていないが、英スウォンジー大学のダニエル・ファルシュ氏は、ピロリ菌によって人間の移動を完璧にたどれるわけではないと注意を促す。同氏はヨーロッパ人が持つピロリ菌の特徴を自らの研究で明らかにしてきたが、今回の研究成果を「個人的には喜んでいます」と付け加えた。

胃痛に悩んだアイスマン

 今回の研究ではアイスマンも病と無縁ではなかったことが明らかになった。ピロリ菌が原因で起こる体の不調にじっと耐えねばならなかったようだ。

 アイスマンのピロリ菌のゲノムを詳しく調べたところ、この株は特にたちが悪く、炎症を引き起こす遺伝子を含んでいた。現在のピロリ菌の変種にも見られるものだ。おまけに、炎症に反応して現れるタンパク質の形跡も見つかったことから、死亡時にはひどい胃痛に悩まされていた可能性がある。(参考記事:「世界のミイラでわかる古代の病気」

研究者たちは2011年までアイスマンの胃を見つけられずにいた。CTスキャンによる断面の画像で、左上に見える大きな灰色の塊が胃。(PHOTOGRAPH BY © CENTRAL HOSPITAL BOLZANO)
[画像をタップでギャラリー表示]

 しかし研究チームはアイスマンが胃炎や胃潰瘍、あるいはピロリ菌感染による異常な疾患を患っていたとの断定は避けた。そう判断するには無傷の胃の内壁が必要だが、氷塊の中で5000年を過ごしてきたアイスマンにそれは望めない。

「アイスマンの生活は、いわばとても『きつい』ものだったとわかりました」とジンク氏は話すが、それは当時としては珍しいことではなかった。「現代人からすれば間違いなく過酷な生活ですが、当時の状況を考えれば、彼はむしろ健康な方だったと思います」

 今回の研究で、物証の乏しい初期ヨーロッパ人の起源に関して解明が進み、人類が移動した時期についても1本の線が引かれた。胃にあった痕跡は、多くの現代人も抱えるものだ。

「アイスマンは私たちの祖先がどのように衣服を作り、生活し、何を食べていたのか教えてくれました。そして今回は、抱えていた病気まで」とマイクスナー氏は話した。「まるでタイムマシンに乗ってきたかのようです」

【DVDのご案内】アイスマン 死の真相を探る

文=Michael Greshko/訳=高野夏美