史上最長の爪をもつ動物は?

爪の長い恐竜と、現代のオオアルマジロの爪を体長比で比べてみた

2016.01.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[画像のクリックで拡大表示]

 以前、「現生の動物で、(体長との比率で)最も爪が長いのはどの動物か」という記事を掲載したが、その後、ある読者から「過去の動物も含めて、最も爪が長いのはどの動物でしょうか」という質問が届いた。今回の記事では、この疑問を解決しよう。(参考記事:「『爪の長い動物』チャンピオンは?」

 史上もっとも長かったとされるのは、爪が1メートルもあったと推測されるテリジノサウルスだ。「大鎌トカゲ」を意味する名前のテリジノサウルスは、7500万~7000万年前の白亜紀後期に、現在の中央アジアに生息していた。その爪は映画『シザーハンズ』の主人公、エドワードのはさみのように、両手からだらりとぶら下がっていた。

 いかにも肉を切り裂くのにぴったりなように思えるが、この恐竜はどうやら植物食だったようで、英ポーツマス大学の古生物学者マーク・ウィットン氏によると、これらの爪は防御や、草木をつかむのに使われていたという。(参考記事:「新種のラプトル、カギツメは捕食用?」

 爪の長さでいえば、テリジノサウルスはまさに王者だ。「これ以上長い爪を持つ生物は思いつけません」とウィットン氏は言う。とは言え、体が残っていなければ、体長に対する爪の比率を測ることはできない。

存在しない体を測る

「問題は、テリジノサウルスの爪と体長の比率を割り出すのに適した骨格が見つかっていないことです」。カナダ、アルバータ大学の古生物学者フィリップ・カリー氏は言う。(参考記事:「フィリップ・カリー氏と恐竜発掘に挑む日本人学者、小林快次氏」

「非合法に収集された骨格から、テリジノサウルスがタルボサウルス以上には大きくなかったと推測できます」。タルボサウルスとは、テリジノサウルスと同じく大型だが、近縁種ではない2足歩行の獣脚類だ。

 タルボサウルスの体長はおそらく10~12メートルの間だったとみられ、これはテリジノサウルスの体長を推測するのに役立つとカリー氏は言う。テリジノサウルスと大腿骨の大きさが同じで、同じ地域に暮らしていたためだ。

 研究者たちが報告してきたテリジノサウルスの爪の長さには差異がある。たとえば2014年、英国の学術誌『英国王立協会紀要B』に発表された論文では、約50センチとされている。とはいえこの差が爪の長さと体長の比率に関して大きく影響することはない。

 たとえばテリジノサウルスがタルボサウルスと同じ体の大きさで、爪の長さが1メートルあったと仮定すると、爪の比率は8.2~10%となる。(参考記事:「腕だけだった謎の恐竜、胴体を発見?」

 この比率からすれば、現生の生物で最も爪の比率が大きなオオアルマジロの方が白亜紀のライバルにまさっていることになる。体長約90センチ、爪の長さ20センチのオオアルマジロの爪の比率は22%もあるのだ。

古代 vs 現代

 爪が長かった古代の動物にはほかに、大型のナマケモノがいる。「長い爪で巨大な樹木をつかんだり、地面を掘ったりしていました」とウィットン氏は言う。

 米国ノースダコタ州で見つかった1万2000年前のナマケモノの一種であるメガロニクス・ジェフェルソニの化石は、体長が約2~3メートルで、爪の長さは16.5センチであった。爪の比率は5.6~8%ということになる。(参考記事:「メガロニクス・ジェフェルソニの手の骨」

 現代のミツユビナマケモノの爪の比率は体長の17%、フタユビナマケモノは14%だ。

 比率でいえば、古代の動物より現代の動物のほうが爪が長いといえる。

文=Liz Langley/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加