真珠湾攻撃から75年、戦艦アリゾナを巡る物語

戦艦アリゾナの3門の14インチ砲を調べる米国立公園局のダイバー。船体の一部は第二次世界大戦中に引き上げられたが、海水の濁りのため14インチ砲はなかなか見つからず、1983年になってようやく発見された。(PHOTOGRAPH BY BRETT SEYMOUR, NATIONAL PARK SERVICE, SUBMERGED RESOURCES CENTER)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー