宇宙飛行士の視覚障害の謎解明か、障害は不可避?

長期にわたる宇宙滞在が人体に及ぼす影響を調べる研究の一環として、国際宇宙ステーションでまる1年間過ごしたNASAの宇宙飛行士スコット・ケリー氏。2015年7月撮影。(PHOTOGRAPH BY NASA/GETTY)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー