11月28日が「火星の日」になった理由

何世紀もの間、火星は人々の想像力をかき立ててきた。そのため、マリナー4号が撮影したクレーターだらけの淡泊な画像に人々は失望することとなった。(PHOTOGRAPH BY NASA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー