20世紀の戦争プロパガンダ地図12点、敵はタコ

「黒クモ」ヒトラーや「怒れるタコ」チャーチルが世界を奪い合う

2016.10.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフリカを奪い合い

米国のルーズベルト大統領と英国のチャーチル首相が、アフリカを両側から引っ張り合っている。ナチス占領下のフランスでドイツのプロパガンダ用に作られた。1941年、ジャン・フォール氏製作。(MAP CURTESY THE MAP HOUSE)
[画像のクリックで拡大表示]

縄張り争いの行方

第一次世界大戦の開戦時の、政治と軍事の状況を描いた英国製の地図。(MAP COURTESY THE MAP HOUSE)
[画像のクリックで拡大表示]

フランス兵をむさぼる大グモ

1915年、ドイツによるプロパガンダ用地図。英国を擬人化したキャラクター「ジョン・ブル」が、クモに姿を変えてフランス兵を食べている。第一次世界大戦は、元をたどれば英国の帝国主義によって引き起こされたという主張を伝えるもの。(MAP COURTESY THE MAP HOUSE)
[画像のクリックで拡大表示]

悪夢から目覚めてびっくり

1914年、ロシアで製作された希少な1枚。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世が悪夢から覚めると、そこには突撃してくるロシア兵がいたという設定。(MAP COURTESY THE MAP HOUSE)
[画像のクリックで拡大表示]

ワシとタコの合体した怪物

ドイツがワシとタコの合体した恐ろしい怪物として描かれている。第一次世界大戦の開戦時の、ドイツの強気な拡張主義に対する恐怖が表われている。1914年、フランス。(MAP COURTESY THE MAP HOUSE)
[画像のクリックで拡大表示]

てんやわんやのヨーロッパ

ドイツから見たヨーロッパの状況を描いたもの。フランスは松葉づえをつき、イタリアはオーストリアに顔面を殴られ、トルコは連合国の戦艦を食べている。1915年、ドイツ。(MAP COURTESY THE MAP HOUSE)
[画像のクリックで拡大表示]

敵国を踏みつける自由の女神

1914年、フランスの絵葉書。「野蛮人は出て行け!!!」の文字が見える。自由の女神がフランス、英国、ベルギー、ロシアの旗を掲げ、ヨーロッパの地図の下には、ドイツとオーストリア=ハンガリー帝国の皇帝が踏みつけられている。(MAP COURTESY THE MAP HOUSE)
[画像のクリックで拡大表示]

女神も天使も自国の味方

英国空軍による初めてのベルリン空襲を祝い、ナチス・ドイツのおびえる姿を描いている。1939年、英国、レックス・ホイッスラー氏製作。(MAP COURTESY THE MAP HOUSE)
[画像のクリックで拡大表示]

地図の物語

人類は地図で何を伝えようとしてきたのか

人類の大いなる軌跡をビジュアルに楽しむ。
140余点の美しい地図で読む、地図が伝えてきた「発見」の物語。
アン・ルーニー 著
天地228mm×左右190mm、192ページ
定価:本体2,700円+税

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス

文=Betsy Mason/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加