太陽系含む銀河系の「腕」、4倍も大きかった

銀河系は棒渦巻銀河と考えられており、「Arm」が「腕」の部分。中央やや下の「Sun」が太陽の位置で、太陽系を含む領域は「Orion Spur(オリオン弧)」となっているが、今回の論文でより腕に近い特徴を持つことが明らかになった。(イメージ:NASA/JPL-Caltech/ESO/R. Hurt)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー