ブーメランは殺人兵器だった、13世紀の骨に痕跡

男性が埋葬されていた場所の近くにある壁画。人々がブーメランや盾、棍棒を持っている。オレンジ色と白で塗り分けられているものもあり、部族間の対立を示していると考えられている。(Photograph Courtesy South Australian Museum)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー