地図の物語:起伏表現はこうして進化した

オーストリア人のアウグスト・パーペン氏が1850年代後半に製作した色鮮やかな地図。見た目の印象は強烈だが、凡例とじっくり見比べなければ色と標高を結びつけるのは難しい。(MAP COURTESY CARTOGRAPHICA HELVECTICA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー