評判になっているケープレインフロッグの動画。このカエルは、ケープタウン近郊の森林で見ることができる。(※ヘッドホンの使用をおすすめします)

 鳴き声を上げるケープレインフロッグの動画が南アフリカ共和国のケープタウン近郊で撮影され、インターネットでおもしろいと話題になっている。しかし、カエルの鳴き声は明らかに敵に襲われたときに発する「遭難声」だと専門家は言う。(参考記事:「【動画】カエルの交尾に「7番目の体位」発見」

 この動画を撮影したのは、ケープタウン周辺でイベント用ステージや資材のレンタル業を営むシモン・ファン・ニーロップ氏だ。飼い犬を連れて子供たちとテーブルマウンテン国立公園にあるトカイフォレストを散歩していたとき、氏は突然甲高い叫び声を聞いた。声の先にいたのは、体を膨らませた黄色と黒のケープレインフロッグ(Breviceps gibbosus)だった。南アフリカの西ケープ州に生息するカエルの一種で、IUCNのレッドリストでは、近危急種(near threatened)に指定されている。

 この動画は“笑える”と評判になっているが、別の意見を持つ人もいる。

「笑えるのではなく、悲しい動画です」と話すのは、個人で動物行動療法を行っているジル・ゴールドマン氏だ。「一見おもしろく見える動画が評判になるのは、なぜ動物がそうしているのかを知らないからです」(参考記事:「「キュウリに驚くネコ」の動画に専門家が警鐘」

 カエルについて何冊かの著書がある西ケープ大学の名誉教授アラン・チャニング氏は、電子メールに「カエルは逃げようと後ずさりしていることに気づいてください」と書いている。野生のカエルを何年も研究しているチャニング氏によれば、叫び声をあげて体を膨らませるのは、まちがいなく敵を追い払おうとしているためだ。

 ファン・ニーロップ氏がカエルを見つけたとき、すでにカエルは鳴き声をあげていた。氏はカエルを守るために、自分のイヌやまわりにいた他のイヌを抑えていたと話している。

 動物とメディアについて動物福祉の観点から取り上げたサイトanimalsandmedia.orgの共同設立者であり、米国ジョージア州立大学のコミュニケーション論の教授でもあるキャリー・フリーマン氏は、珍しい動物の動画や写真はその動物の保護に役立つと言う。そうでなければ知られることがない種が注目されるようになるからだ。「動物保護に取り組んでいる方なら、その目的のために動画や写真を使うことができます」。しかし一方で、「見た人がかわいいと言うだけなら、逆効果になる恐れもあります」(参考記事:「2015年に話題を集めた動物の動画トップ10題」

 たとえば、9種いるスローロリスは、違法なペット取引が主な要因となり、すべて絶滅の危機にさらされている。しかし、スローロリスがくすぐられたり、エサを与えられたりする動画がインターネットに出回ると、ペットとしての需要は高まる。対して、専門家たちは、こういった動画に登場する動物たちにはよく面倒を見られておらず、ストレスを感じているものも多いと指摘する。(参考記事:「新種スローロリスを発見、ボルネオ」

 ケープレインフロッグが脅かされているのは、住む場所が失われているからだ。このカエルはトカイのようなマツの造成林に適応してはいるものの、進む農地化や都市化の影響で、カエルの数は減る一方だ。(参考記事:「「絶滅両生類再発見」の状況」

ナショジオ厳選!キュートな生き物フォトギャラリー
フォトギャラリーはこちら(PHOTOGRAPH BY DAVID LITTSCHWAGER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

文=Kristin Hugo/訳=鈴木和博