「昆虫を食べたトカゲを食べたヘビ」の化石発見

この化石には、パレオピュトン・フィシェリ(Palaeopython fischeri)という古代のボア科のヘビと、ヘビが食べたトカゲと、トカゲが食べた昆虫が含まれている。矢印はヘビの体内のトカゲの鼻先(図解入りの写真は下にあります)。(PHOTOGRAPH COURTESY KRISTER T. SMITH)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー