猿人ルーシーの死因は木から転落? 注目の理由は

300万年前の初期人類、研究者らが発表と同時に議論呼ぶ

2016.08.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルーシーと名付けられたアウストラロピテクス・アファレンシスの復元骨格。ドイツ、フランクフルトのセンケンベルク博物館の展示。(PHOTOGRPAH BY KENNETH GARRETT, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

「ルーシー」という名で知られる初期人類アウストラロピテクス・アファレンシスの死因は、318万年前に木から落下したことによるという研究論文が科学誌「Nature」に掲載された。エチオピアのハダールで40年以上前に発見された化石を、米テキサス大学オースティン校の研究チームが新たに分析した結果、ルーシーの骨にかなり高い位置から落ちたことを示す特徴的な亀裂が見つかったという。(参考記事:「初期人類の少女の化石を発見」

「1980年代に大学院生だった頃からこの化石について講義してきました。骨に亀裂があることは以前から分かっていましたが、その原因については考えたこともありませんでした。私の知る限り、ルーシーの死因について見解を述べた人はひとりもいません」。論文の筆頭著者でテキサス大学オースティン校の人類学教授ジョン・カッぺルマン氏はそう語る。(参考記事:「人類の暴力の先例? 頭蓋骨に殴打跡」

 ところが、これが既に議論を呼び、亀裂は死後だいぶ経ってから入ったものだと反論する学者もいる。(参考記事:「新種のヒト属ホモ・ナレディ発見に驚きと疑問の声」

「ルーシーの骨にある亀裂は、ハダールで見つかったゾウやサイ、サルなど他の動物の化石にもよく見られるものです」と指摘するのは、ルーシーの発見者で命名者でもある米アリゾナ州立大学の古人類学者ドナルド・ジョハンソン氏だ。「地中に埋まった骨が化石になる途中で、地質的な力が加わってできたものであることは疑いようもありません」

3万5000枚を8年かけて分析

 アウストラロピテクス・アファレンシスのルーシーは、1974年に発見された。全体の骨の約40%が残っており、今までに見つかっている初期人類の化石では最も完全な形に近いもののひとつだ。

 骨は激しく傷んだ状態で発見され、風化や化石になる過程での損傷と判断された。死因が分かりそうな証拠はほとんど見つからなかった。

「骨盤に、最初から見てすぐに分かる小さな歯型が付いていましたが、他の部分にはそれらしき跡は見つかりませんでした」と、ジョハンソン氏は言う。

ルーシーの骨1本1本をスキャンし、3万5000枚の詳細な画像が作成された。(PHOTOGRAPH BY MARSHA MILLER, UT AUSTIN)
[画像のクリックで拡大表示]

 2008年、ルーシーが米国各地の博物館をめぐるツアーでやってきたとき、カッペルマン氏の研究チームは初めて骨を直接調べる機会に恵まれた。そこで全ての骨をCTスキャンにかけ、3万5000枚のデジタル断面図を作成、その後8年間かけて1枚1枚丁寧に分析した。

 カッペルマン氏によると、死後も時間の経過とともに骨は自然に折れることもあるが、その場合は乾燥した木の枝がぽきんと折れるようにふたつに分かれる。ところがルーシーの骨を詳しく調べてみると、亀裂は生きている時にできたと思われるような入り方をしていた。(参考記事:「170万年前のヒト化石に最古のがん発見」

 たとえば、若く健康な木の枝を折ろうとしてもきれいに折れないのと同様に、一部に亀裂ができるものの、骨が完全には離断せずぐにゃりと曲がる骨折を若木骨折あるいは蝶番骨折と呼ぶ。ルーシーの骨にはこの跡が確認された。

 他にも、亀裂が入った時に砕けた骨の小片が、骨の割れ目に挟まっていた。死んで乾燥した骨が割れれば、小片はそばの土壌に落下するはずだと、カッペルマン氏は主張する。

 そして、これらの亀裂が治癒したことを示す証拠は何もないことから、亀裂は死亡時に入ったものだろうと、研究チームは結論付けた。(参考記事:「古代エジプト、人骨が語る過酷な暮らし」

全体の40%の骨が回収されており、ルーシーはこれまでに見つかった初期人類の化石では最も完全に近いもののひとつ。発見された日にちょうど流れていたビートルズの有名な曲「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」から、ルーシーと名付けられた。(PHOTOGRAPH BY JENNY VAUGHAN, AFP/GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

4、5階の高さに相当

 その他の分析結果も含め、ルーシーはかなり高い位置から落下したと考えられる。

 右肩に見つかった圧迫骨折は、地上に叩きつけられたときに腕を伸ばしていたことを示している。

「この結果をある整形外科医に見せたところ、何も聞かずにすぐ、相当高いところから落ちたためにできたものだと言いました。これまで9人の外科医に話を聞きましたが、全員が同意見でした」と、カッペルマン氏。

 さらに、ルーシーの残りの骨についても3Dモデルを作成して詳しく調べた。すると、足首、ひざ、両肩、手首にも同様の亀裂が見られ、それらがいずれも骨折するほど高い位置から落下したことを示していると、研究チームは確信した。

 ルーシーが発見された場所の地質、哺乳類や花粉の化石を分析した結果、当時この辺りはおそらく平坦な氾濫原で、草木が生い茂り、動物が誤って落ちれば死に至るほどの高さの木も多かっただろうと考えられている。

 ルーシーは小型の初期人類で、身長はわずか1メートル、体重は27キロほどしかなく、敵から身を守るためにおそらく夜は木の上に巣を作って寝ていたと考えられる。(参考記事:「眠りから覚めた謎の人類」

 研究チームはチンパンジーの巣作りに関する過去の研究を調べ、ルーシーが敵を避けるために地上14メートルまで上っていただろうと推測する。これは、建物の4階か5階の高さに相当する。この高さから落下すると、スピードは時速60キロを超え、これにルーシーの体重も合わせれば、死に至るだけの力は十分に加わる。

 だが、この説には全ての専門家が同意しているわけではない。

 米カリフォルニア大学バークレー校の統合生物学教授で古生物学者のティモシー・ホワイト氏は、「論文の著者は他の仮説を全く考えていないようです。亀裂が化石になる過程や侵食によってできた可能性もあるのです」と語る。「ところが彼らは、落下してできたのではないかと想像できる亀裂だけに注目しています。ルーシーや他の化石にはそれ以外にも多くの亀裂が見つかっているのに、こちらは全て無視しているように思われます」

 ジョハンソン氏も同様に慎重な姿勢を見せる。「この手の研究は正解か不正解かを確かめることができず、立証のしようがありません」

落ちたかどうかより登ったかどうか

 ルーシーが木から落ちて死んだかどうかが議論を呼ぶ背景には、サルとヒトの特徴をあわせもつ二足歩行の初期人類が、はたして地面で暮らしていたのか、それとも樹上だったのか、あるいはその両方だったのかという謎が横たわっている。(参考記事:「“ルーシー”は樹上生活を送っていた?」「“ルーシー”の足には土踏まずがあった」

 300万年前にあらわれた猿人がどのように暮らしていたかは、人類進化を考えるうえで重要だ。樹上性のチンパンジーやテナガザルも木から落下することはあり、たとえ墜落死したからといってすぐに樹上性と言えるわけではないが、もしルーシーが本当に木から落ちたのであれば、彼らの暮らしぶりを知る手掛かりにはなるだろう。(参考記事:「人類発祥の地は東アフリカか、南アフリカか」

 ひとつ言えるのは、今回の手法がルーシーの研究に新しい道を開いたということだ。カッペルマン氏は引き続きルーシーの骨格と、さらに同じ地域で見つかった別の化石の骨折の状態を調査することにしている。(参考記事:「エチオピアで新種の猿人化石が見つかる」

文=Adam Hoffman/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加