“軍最高機密”とされるこの地図には、海岸線からの上陸は難しいことが書かれている。川を航行できるかについての情報も含まれている。(Photograph from Stanford University)
[画像をタップでギャラリー表示]
シベリア南部、バイカル湖の1944年の地図。1年間で氷の厚さがどのように変化するかという情報や、燃料などの軍需品の貯蔵場所についての情報が書き込まれている。(Photograph from Stanford University)
[画像をタップでギャラリー表示]
ロシアとの国境に近い中国、ジャムスの1940年の地図。水路や交通網についての詳しい情報が含まれている。(Photograph from Stanford University)
[画像をタップでギャラリー表示]
ロシア、ウラジオストクの1938年の地図。ロシアの地図が基になっている。航路などの交通網とともに、橋の種類が日本語で書き込まれている。(Photograph from Stanford University)
[画像をタップでギャラリー表示]
北マリアナ諸島、サイパンの地図。食料源や衛生施設など、環境や住民についての細かな注釈が記されている。(Photograph from Stanford University)
[画像をタップでギャラリー表示]

地図の物語

人類は地図で何を伝えようとしてきたのか

人類の大いなる軌跡をビジュアルに楽しむ。
140余点の美しい地図で読む、地図が伝えてきた「発見」の物語。
アン・ルーニー 著
天地228mm×左右190mm、192ページ
定価:本体2,700円+税

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス

文=Greg Miller/訳=鈴木和博