量産される絶滅危惧種アジアアロワナの危険な誘惑

野生のアジアアロワナは、ボルネオ島の森林奥深くにわずかに残るのみだ。ほとんどの魚は、養殖場で育てられている。写真の養殖場は、ケニー・ヤップ氏が所有するシンガポールのチエンフー社のもの。(COURTESY OF QIAN HU CORPORATION)

【元の記事へ戻る】