700年前のサルの道具を発見、100世代継承

ヒゲオマキザルが700年前からカシューの実を割るのに道具を使っていたことが明らかになった。近代以前に人類以外の霊長類が石器を使っていた事例としては世界で2例目。(PHOTOGRAPH BY TIAGO FALÓTICO)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー