グリーンランド東部スコアズビー湾の氷山。同国でよく見られる氷の景色だ。(PHOTOGRAPH BY FRANS LANTING, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像をタップでギャラリー表示]

 不思議に思ったことはないだろうか? どうして、「氷の大地」という名前のアイスランドが緑に覆われていて、「緑の大地」グリーンランドは氷に覆われているのかと。

 よく耳にするのは、これらのネーミングには意図があるというもの。アイスランドに移住したバイキングが、自分たちの緑豊かな島への過剰な移住を阻止するために、わざと魅力的でない名前を付けた。その一方、氷に覆われたグリーンランドへの移住は誰も気に留めなかったというものだ。ところが真実はもう少し複雑で、古代スカンジナビア人の習慣と地球の気候変動が関係しているらしい。

アイスランドにあるミーヴァトン湖のクレーター群。同国でよく見られる緑の景色だ。(PHOTOGRAPH BY JONAS BENDIKSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像をタップでギャラリー表示]

グリーンランド、8割以上が氷

 グリーンランドの8割以上が氷に覆われている。しかし、「赤毛のエイリーク」として知られるバイキングが島の南西部に初めて降り立った西暦982年の夏は、おそらくもっと草が青々としていただろう。グリーンランド南西部のその地は、アイスランドよりも南に位置し、現在でも牧羊とジャガイモ栽培が盛んだ。(参考記事:グリーンランドは温暖だった?写真で見る洞窟探検

 一方、メキシコ湾流の影響で、アイスランドの海面温度はグリーンランドよりも6℃ほど高くなることがある。気候が穏やかなため、夏のアイスランドは至るところで緑が生い茂る。ただし、面積の11%は常に氷河に覆われたままだ。ヴァトナヨークトル氷河は欧州最大の氷河で、プエルトリコの面積とほぼ同じ広さがある。(参考記事:2012年5月号「アイスランド:火山と氷河の創造美」

アイスランド全域が緑なわけではない。この写真では、クヴェルフィヤットルのクレーターが氷と雪に覆われており、手前のミーヴァトン湖は凍結している。(PHOTOGRAPH BY ORSOLYA HAARBERG, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像をタップでギャラリー表示]

名前の違和感はこうして生まれた

 現在の名称はともに、バイキングによって付けられたものだ。古代スカンジナビアでは、物に見たままの名前を付けるのが一般的だった。例えば、赤毛のエイリークの息子であるレイフ・エリクソンは、野生のブドウ(おそらくブラックベリーだろう)が沿岸で生えているのを見つけたため、現在のカナダの一部に「ブドウの大地」という名前を付けた。(参考記事:2012年11月号「バイキングと北米先住民」

 氷床コアと軟体動物の殻のデータから、西暦800年から1300年にかけて、グリーンランド南部は現在よりもずっと暖かかったことが示唆されている。つまり、バイキングが初めてこの地を訪れたとき、グリーンランドという名前は辻つまが合っていたと考えられる。しかし、14世紀までに、グリーンランドの夏の最高気温は低下した。気温の低下は作物の減少と海氷の増加を意味し、そこに暮らしていた古代スカンジナビア人は、植民地を去らざるを得なかった。

 ではアイスランドはどうだろう。違和感ある名前の変遷が、アイスランドの英雄伝説に書かれている。

 ナッダドールという古代スカンジナビア人探検家がアイスランドに初めて到達したとき、雪が降っていた。そこで「雪の大地」と名付けた。その後、スウェーデンのバイキング、ガルザル・スヴァヴァルソンがやって来た。そのためこの島は、「ガルザルの島」と呼ばれるようになった。この島は、次に訪れたバイキング、フローキ・ビリガルズソンにはあまり優しくなかった。島へ航行中、フローキの娘が溺れ死んだ。その後、冬が到来し、全ての家畜が飢え死にした。失望し落ち込んだフローキが山に登ったところ、氷に埋め尽くされたフィヨルドを発見し、それが島の新しい名前「氷の大地」につながったと、伝説には書かれている。

 フローキが付けた名前は、急速にバイキングの世界に定着していった。ノルウェーに戻った彼はアイスランドをそれほど価値ある土地だと考えていなかったが、乗組員の1人だったソーロールヴが、「新しい島は豊かで、草の葉1枚1枚からバターが滴っていた」という噂を広めた。その直後、永住を求めて島に渡る人が出始めた。

 歴史学者でアイスランドの新大統領に選出されたばかりのグズニ・ヨハネソン氏によると、アイスランドに移り住んだ人たちは「自分たちは北欧の一部であると認識しながらも、独自のアイデンティティをもちたがった」と言い、自らを「ノルウェーにあるアイスランドの出身者」を意味する「イスランティンクル(Íslendingur)」と呼んだそうだ。

「島には名前が必要です。そして、それが定着しました」とヨハネソン氏。

 その1世紀後にはアイスランドに民主主義が育ち、赤毛のエイリークが居を構えていた。しかし、彼は抗争で3人を殺したため、国外に追放されることとなる。新天地を求めて西に向かい、新しい島を発見した。グリーンランドのネーミングの経緯に関して、英雄伝説には次のような簡単な記述しかない。「その夏、エイリークは自分が発見した国に移り住んだ。彼はその国をグリーンランドと名付けた。魅力的な名前を付ければ、人々がやって来てくれると考えたからだ」

 かくして、アイスランドは悲劇のバイキングによって名付けられ、グリーンランドは中世のマーケティング戦略として名付けられたのだ。

「グリーンランドという名前が定着したのは不運でした。なぜなら、先住民はその名前を認識していなかったからです」とヨハネソン氏は言う。現在のグリーンランド住民は祖国を「カラーリット・ナヌート」と呼ぶ。これは、グリーンランドイヌイットの言葉で、「人々の土地」を意味する。(参考記事:2015年11月号「消え行く氷と極北の狩猟民」

漁村イティレックの風景。グリーンランドの一部では、その緑豊かな名前通りの生活を送っている。(PHOTOGRAPH BY PETE RYAN. NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像をタップでギャラリー表示]

気候変動で違和感が解消される?

 残念なことがある。氷と共生してきたこれらの土地は今、気候変動に直面している。グリーンランドの氷床が急速に解ける一方で、北大西洋の水温が下がり、メキシコ湾流の速度が大幅に低下している。この傾向が続けば、アイスランドは一層の気温低下と海氷に苦しめられるだろう。一方で、グリーンランドは温暖化が進み、氷山が驚くべきスピードで減少するだろう。

 1、2世紀もすれば、アイスランドとグリーンランドは、1000年前に与えられた名前にぴったりの場所になっているかもしれない。

アイスランド 絶景と幸福の国へ

“最後のでっかい旅”の記録!
美しい国をめぐり、幸せについて考えた。
いまだからこそ読みたいアイスランド紀行。 ナショジオの絶景写真も多数収録。

椎名誠著
208×150mm、208ページ
定価:本体1,800円+税

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス

文=Andrew Evans/訳=堀込泰三