恐竜時代の鳥の翼、琥珀の中でありのまま保存

1億年近く前の鳥類の翼の先端。骨、軟部組織、羽毛が琥珀の中に保存されている。元々、ペンダントに加工されて「天使の羽」と名付けられる予定だったことから、このサンプルは「天使」というニックネームが付いた。(PHOTOGRAPH BY RYAN C. MCKELLAR)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー