日本発「人工流れ星」計画、実現への道のりは

天然の流星より長く楽しめ、色も選べる

2016.06.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年8月の夜空を彩ったペルセウス座流星群。(PHOTOGRAPH BY SIPA/AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 そう遠くない将来、夜空に人工の流れ星を楽しめるかもしれない。

 自然の流星群は、彗星が通った後に残されたちりの中を地球が通るときに起こる。宇宙に漂うちりは地球の大気圏に高速で突入する際に燃え上がり、明るい光の尾を作り出す。(参考記事:「古代の哺乳類絶滅は流星群が原因?」

 それを人の手で思い通りに作り出そうとしているのが日本のベンチャー企業、ALE(エール)だ。計画では、人為的に流星群を作れる人工衛星を今後2年以内に打ち上げ、軌道に乗せる。衛星は地上500キロの高さを周回し、ビー玉ほどの大きさの金属の球体を高層大気に向かって放出する。

 粒子は時速約2万8千キロで空を疾走し、明るく輝きながら燃焼。それにより、色とりどりの軌跡を夜空に描くことができる。ちょうど、光の筋が何本も放たれる筒型花火のようなものだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 ALEの広報担当者によれば、同社が使う予定の粒子は自然の流星群の元になるちりよりも概して大きいため、燃焼時間が長くなり、大きさ・明るさも自然の流星を上回る。しかも、夜空を横切っていく速度が自然の流れ星より遅いため、燃焼時間はさらに延びるという。

 また、同社では粒子の材料となる金属の種類によってさまざまな色の流れ星を作ることも考えている。地上で花火を上げるのと同じ炎色反応を利用し、はるか上空に虹さながらの眺めを生み出そうというのだ。

 深紅の流れ星が見たければ、ストロンチウム製の粒子を放つ。あるいは海の泡のような、緑色の筋を夜空に走らせたければ、銅製の流れ星にすればいい。(参考記事:「夜光雲の発生、流星の燃えかすが促進」

 Sky Canvasと名付けられたこのプロジェクトに、エンターテインメントとしての価値があるのは間違いない。同社CEOの岡島礼奈氏がこのプロジェクトを思いついたのは15年前、しし座流星群に見入った後のことだ。一部では、2020年の東京オリンピック開会式でALEが人工流星群を披露するとも報じられているが、同社は今のところ五輪には関わっていないと発表している。

宇宙ごみ処分のシミュレーターにも

 ALEは同時に、今回の技術が科学にも貢献すると考えている。成分や速度が既に分かっている粒子を放出し、地球の大気圏に突入させることで、機能しなくなった衛星や過去のロケットの破片といった「宇宙ごみ」を大気圏に再突入させる場合に備えて詳しいデータを取れるという。

 米アリゾナ大学で宇宙物体挙動科学プログラムのディレクターを務め、宇宙ごみの問題に詳しいモリバ・ジャー氏は、ALEの衛星が科学を大きく前進させるという主張には懐疑的だ。特に、流星となる粒子が他の衛星と意図せず衝突すれば、結果的に宇宙ごみを増やしてしまうのではと懸念している。(参考記事:「宇宙ゴミ、軌道上に1万8千個以上」

「何かを宇宙に打ち上げる前、とりわけALEの衛星のような物体を打ち上げる前には、宇宙空間に何を送り込み、それによって何をするのか、極めて慎重に考える必要があります」とジャー氏は注意を促した。「近くに別の物体があるなら、そのようなことは避けるべきです」

 ALEはこの点について、必要な予防手段を講じているとしている。地球を周回する物体の軌道データが多数登録された米国政府による公開データベース「スペーストラック」に基づき、アルゴリズムを用いた専用の警報システムを開発中だという。さらに同社は、人工流星が他の人工衛星に衝突する確率について、仮に安全策がなかったとしてもおよそ1億分の1であるとするシミュレーション結果を示した。

 だがジャー氏は、スペーストラックは物体のおおよその動きを軌道データとして登録しているものの、1分ごとのような正確な動きまでは記録されていないと指摘。「そう考えると少々不安になります」と言う。

 それでも、もしALEが自社の人工流星群の安全性を確保できるなら、実現に向けて動き出す可能性はある。

 いずれにしろ人工の流星ショーは、家族の誕生日祝い程度の予算でできる代物ではない(お父さんが起業家のイーロン・マスクなら話は別だが)。AFP通信は2015年、ALEが流星のもととなる粒子1つを製造するのに約100万円かかっていると報じた。実際には、これに加えて人工衛星そのものの費用もかかるし、打ち上げ費用ももちろん必要になる。

 このショーの料金さえ払えるなら、そう遠くない未来に発注できるかもしれない。同社は2018年までに最初の衛星を打ち上げて、軌道に入れる予定だという。夜空を見上げる理由がまた一つ増えそうだ。(参考記事:「火星を周回する宇宙ステーションの計画を発表」

文=Michael Greshko/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加