射殺されたゴリラ、よくある行動だったと専門家

動物園によるゴリラの射殺は正しい判断だったのか

2016.06.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シンシナティ動物園が公開した17歳のオスゴリラ、ハランベの写真。撮影日は不明。(PHOTOGRAPH COURTESY CINCINNATI ZOO VIA REUTERS)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国のシンシナティ動物園で飼育されていたニシローランドゴリラのハランベが5月28日、自分の囲いの中に転落した男の子をつかんで引きずり回したため、動物園スタッフの手によって射殺された。専門家は、ハランベの行動には特に凶暴性があったわけではないと説明している。(参考記事:「世界で相次ぐ動物園事故、ゴリラ射殺は氷山の一角」

「群がった人々に反応して攻撃的になってしまったのか、単なる遊びだったのか、判断するのは難しいです」と、アトランタ動物園の元園長で、飼育動物の心理状態に詳しいテリー・メープル氏は言う。「けれども、男の子へ対してそれほど手荒に接していたとは思いません」

 むしろ、ハランベの行動はおとなのオスのゴリラが自分の子どもと遊ぶ時に見せる行動とよく似ているという。

「正直言って、あの動画のハランベはごく普通に見えました。つまり、普通のゴリラの行動だということです。オスのゴリラは時々、赤ちゃんゴリラの足首や手をつかんで走り回ったりします」

「難しいながらも正しい判断」

 たとえそうだとしても、ハランベを射殺したシンシナティ動物園は、難しいながらも最終的には正しい決断をしたと、メープル氏は考えている。

 ところが、動物愛護活動家たちはこれに激しく抗議している。ニシローランドゴリラは近絶滅種(Critically Endangered)に指定されている。野生の個体は9万5000頭にも満たず、その数は過去20~25年間で少なくとも60%減少している。食用や野生動物取引を目的とした商業狩猟に加え、エボラ出血熱の流行で、1980年代以降、その数は急激に減少した。動物園で飼育されているゴリラの数は、約765頭である。(参考記事:「ニシローランドゴリラがエボラで絶滅の危機に」)

 ハランベの行動に隠された動機よりも動物園にとって最優先だったのは、当然のことながら子どもの命だったのだと、メープル氏は言う。

「決断を下したスタッフにとってはひどくつらいことだったと思います。けれども、どこの動物園でも同じことをしたでしょう。どれほど複雑で難しい状況だったかを、世間は理解する必要があると思います」(参考記事:「人を襲ったクマは殺されるべきか」

 米エモリー大学の霊長類学者フランス・デ・ワール氏も同意して、ハランベは男の子を守るようなそぶりも見せていたが、動物園は射殺する以外に選択肢はなかったと語る。

「考えれば考えるほど、また状況が明らかになればなるほど、他に選択肢はなかったのだと思えてきます」と、デ・ワ―ル氏はメールでのインタビューに答えた。「様子をうかがう余裕などありません。ゴリラの力は非常に強い。ハランベの心中は分かりかねますが、たとえ男の子へ対して好意的に接していたとしても、死なせてしまう恐れはあったでしょう」

 麻酔銃で眠らせようにも、囲いの外からでは遠すぎてダート銃が届かない場合もあり、高い危険を伴う。上手く命中したとしても、麻酔薬は完全に効き目が現れるまでに数分かかり、ハランベを興奮させて、子どもにけがをさせたり死なせてしまう確率も高くなる。また、安全用の堀に落ちておぼれる恐れもある。(参考記事:「ライオン殺しの米国人、今後どうなる?」

 メープル氏は、今回の悲劇的な事故によって、動物園関係者、とりわけシンシナティ動物園は深い悲しみに暮れていると強調した。「ゴリラに関わる人々は、愛情を持って彼らに接しています。人間が死んだのと変わりはありません」

文=Michael Greshko/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加