シンシナティ動物園で射殺された17歳のゴリラ、ハランベ(Photograph Courtesy Cincinnati Zoo via Reuters)
[画像をタップでギャラリー表示]

 5月28日、米国のシンシナティ動物園で、囲いに転落した子どもを救出するため、17歳のニシローランドゴリラ、ハランベが射殺された。この事故は、動物と同じく人間の安全についても、世界の動物園に厳しい警告をつきつけた。(参考記事:「動物園はノアの箱舟」

 ハランベは亡くなってしまったが、現在、ゴリラの命はとても重い。ニシローランドゴリラは近絶滅種に指定されており、野生での生息数は17万5000頭に満たない。世界の動物園では765頭前後のゴリラが飼育されており、そのうち360頭ほどが飼育下繁殖プログラムの対象となっている。(参考記事:「ニシローランドゴリラがエボラで絶滅の危機に」

 非営利動物愛護団体ボーンフリーUSAが管理するデータによると、1990年以降、米国内にある動物園水族館協会の認可動物園で、逃走したり人間に危害を加えたりして動物が殺された事例は42件あるという。同じ期間に人間が死亡した事故は15件だ。今回のシンシナティ動物園を含め、人間が負傷したケースは110件にのぼる。(参考記事:「米動物園のリカオンが男児を襲った理由」

 ゴリラが射殺された事件は2004年にも発生した。米テキサス州、ダラス動物園で13歳のニシローランドゴリラ、ジャバリが脱走して数人に襲いかかり、最終的に警官に向かって突進して射殺された。

 1990年以降、米国の認可動物園で霊長類が人間に危害を加えたのは15件で、ほかの動物も含めた全負傷事故件数の7分の1を下回る。この期間、霊長類が人間の命に関わるような重大事故を起こしたことはない。

29日、シンシナティ動物園のゴリラワールドの外にあるゴリラ像の足元に置かれた追悼カード。(Photograph by John Minchillo, AP)
[画像をタップでギャラリー表示]

 対して、ライオンやトラなどの大型のネコ科の動物によって人間が負傷した事例は41件あり、そのうち5件は死亡に至っている。(参考記事:「ライオンはなぜ人を襲うのか?」

 また、1986年と1996年には、米国と英国で飼育されているゴリラが転落した子供を「守った」事例もある。

 この日、シンシナティ動物園を訪れていたある客は、地元テレビ局WLWTの取材に対し、ハランベも子供を守ろうとしていたように見えたと話している。 動物園側は、ハランベが囲いのまわりにある堀で子供を引きずり回しており、子供の命が危険な状態だったと述べている。

 世界的に見れば、動物園の安全や動物福祉の基準は大きく異なる。しかし、この数週間で似たような事故が世界の動物園で起きている。(参考記事:「オハイオ州の猛獣脱走、問われる規制」

 5月23日に、インドのネルー動物公園で酒に酔った男が2頭のライオンに触れようと囲いの中に飛びこみ、すんでのところで救助され、怪我を免れた。5月21日にはチリ国立動物園で20歳の男が自殺しようと囲いに飛びこみ、やむを得ず職員が2頭のライオンを射殺した。

 その数日前には、中国の西霞口野生動物園で、セイウチに近づいて自撮り写真を撮影していた来場客が水中に引きずり込まれ、助けようとした飼育員とともに溺死している。

文=Michael Greshko/訳=鈴木和博