ネアンデルタール人の謎のストーンサークル発見

洞窟の奥深くで見つかる、フランス南西部

2016.05.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルニケル洞窟内でストーンサークルの測定を行う作業員。(PHOTOGRAPH BY ETIENNE FABRE, SSAC )
[画像のクリックで拡大表示]

 フランスの洞窟の奥深くに先史時代の人々がつくった神秘的なストーンサークルが、長い歳月を経て闇の中から再び姿を現した。

 5月25日に科学誌『ネイチャー』に発表された論文によると、この奇妙なストーンサークルは約17万6000年前のもので、石筍を並べて作られている。考古学者の推測によると、これをつくったのが二足歩行の動物であったとすると、年代からしてネアンデルタール人としか考えられないという。この構造物は、ネアンデルタール人が予想よりはるかに高い能力を備えていたことの証拠となる。

 英ロンドン自然史博物館の古人類学者クリス・ストリンガー氏は、「この発見は、ネアンデルタール人が石づくりの構造物を設計して建設する能力を備えていたことと、人工的な照明がなければたどり着けない洞窟の奥深くまで入って行けたことを示しています」と指摘する。

 ネアンデルタール人がわざわざ深い闇の奥に分け入り、手の込んだ謎の構造物をつくった理由は、少なくとも現時点では不明である。(参考記事:「ネアンデルタール人と人類の出会いに新説」

洞窟の300メートル奥の暗闇で

 このストーンサークルが見つかったのは、フランスのブルニケル洞窟。壁画洞窟やその他の旧石器時代の遺跡が散在する同国南西部に位置している。この洞窟は、更新世に入り口が崩れてからずっと封印された状態にあったが、1990年に洞窟探検家が入り口を掘って中に入った。洞窟の入り口付近では、大昔に絶滅したホラアナグマやその他の絶滅した大型動物の痕跡が見つかっている。

 しかし、真の宝物は、入り口から336mも奥に進んだところのじめじめした空間にあった。それは、石筍を円のような形に層状に並べた、いくつもの大きな構造物だ。これらの構造物が、なんらかの目的のために並べられたものであることは、誰が見ても明らかだろう。

 論文の共著者であるフランス、ボルドー大学のジャック・ジョベール氏は、「洞窟探検家をはじめ、これまでに洞窟内に入った人は全員、この構造物の存在に気づいていました」と言う。

 しかし、科学者たちがストーンサークルの謎の解明に着手したのは、発見から20年以上たってからだった。洞窟へのアクセスが制限されていたうえ、遺跡の調査を始めた考古学者が1990年代に早すぎる死を遂げたからである。

 2013年、ジョベール氏のチームは、ついにブルニケル洞窟の秘密に光を当てることができた。

 この遺跡は私有地の中にあり、フランス政府が管理していたため、「非常によく保存されていて、中に入った人はほとんどいませんでした」と彼は言う。「構造物は壮観で、同じ時代のほかの遺跡はもちろん、もっと新しい時代の遺跡にも、これに比肩するものはありません」

立体的に再現したブルニケル洞窟内の構造物。(RENDERING BY XAVIER MUTH/GET IN SITU/ARCHÉOTRANSFERT/ARCHÉOVISION-SHS-3D; BASE PHOTOGRAPHIQUE PASCAL MORA)
[画像のクリックで拡大表示]

予想外だった年代測定の結果

 謎の構造物は、400個近い石筍を並べてつくられている。石筍とは、鉱物を豊富に含む水が洞窟の天井から床にしたたり落ち、長い年月の間にタケノコの形のように固まったものである。

 石筍はほぼ同じ長さに切り出されていて、一部は直径約6.7mの大きな円形に並べられている。ほかの石筍はやや小さい半円形に並べられ、残りは山積みされている。

 並べられた石筍の一部は赤と黒に変色してひびが入っていて、上で火が焚かれたことを示していた。また、小さい円形構造の近くでは、クマや大型草食動物の炭化した骨片も見つかった。

 専門家が見ても、この遺跡は初期の現生人類の手になるものに違いないと思われた。ホモ・サピエンス(Homo sapiens)が欧州に最初に到達したのは、約4万年前のことだ。ところが、並べられた石筍や骨片の表面に成長した鉱物のウラン系列年代測定の結果は、研究チームが予想しなかった事実を示していた。

 ホモ・サピエンスがやって来た時期より10万年以上も早い、約17万6000年前のものだというのだ。

「この時期に欧州にいたヒト属は、初期のネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)だけです」とストリンガー氏。

ネアンデルタール人の暮らし

 30万年にわたって繁栄したネアンデルタール人は、ホモ・サピエンスと共存し、ときには交雑さえしてきた。ネアンデルタール人も大きな脳を持ち、知能は高く、火を使いこなしていた。けれども、この2つの種が実際にどこまで似ていたかについては科学者の意見は一致しておらず、ネアンデルタール人が象徴的な思考や儀式的な行動をしていたかをめぐる論争も起きている。

 ネアンデルタール人は3~4万年前に絶滅してしまったが、その原因もまだ分かっていない。

 人類学者はこれまで、ネアンデルタール人は洞窟暮らしをしなかったと考えていた。地上をうろついて暮らすのに比べて洞窟暮らしは技術的に少々難しいからだ。けれどもブルニケルの洞窟は、そうでなかったことの証拠になりそうだ。

 米ワシントン大学の古人類学者エリック・トリンカウス氏は、「これは確実な発見で、ネアンデルタール人が高度な活動をしていたことを示す重要な証拠です」と言う。

 ジョベール氏らは、洞窟内にこれだけ巨大な構造物をつくるためには、安定した光源と、ある種の社会組織と、2トン以上の石筍を並べてパターンを作ることを思いつき、実際にそれをつくる能力が必要だ、と主張する。

「ストーンサークルをつくるには、選択を行い、集団を率い、助言をし、人々を動員できる必要があります。安定した光源も必要です。それができたということは、この時代に構造化された社会があったことを示しています」

ホラアナグマのしわざ?

 一方で、この遺跡についてそうした結論を導き出すのは時期尚早との声もある。オランダ、ライデン大学の人類学者マリー・ソレッシ氏は、「どれだけ多くの人々が関与したのかも、この構造物がいちどにつくられたのか、数回に分けてつくられたのかも、1人の仕事なのか複数人の仕事なのかも分かりません」と言う。「非常に珍しい発見なので、どう考えればよいのか分からないのです」

 この構造物をヒトがつくったことを疑問視し、冬眠のために洞窟に入ったホラアナグマのしわざではないかと言う科学者もいる。(参考記事:「シベリアで氷河期の絶滅ライオン見つかる」

 米ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の古人類学者ジョン・シェイ氏は、「いったい誰が、洞窟の入り口から300メートルも入ったところに大がかりな構造物をつくろうと思うでしょう? 洞窟の中に住むのは、自力で構造物をつくる手間を省くためなのに」と言う。「クマが冬眠するときには、近くにあるがらくたを押しのけてねぐらをつくります。ここも、ホラアナグマたちが長年にわたり何度も冬眠したねぐらのように見えます」(参考記事:「「ネアンデルタール人の笛」、動物の仕業だった」

 しかし、クマのねぐらは最大のストーンサークルほど大きくないし、クマは穴を掘ったりものを払いのけたりはするが、折った石筍を積み重ねることはしないとソレッシ氏は言う。それに、「クマは火を焚きません」とジョベール氏。

洞窟は暖かい避難所だった?

 この構造物をつくったのがホラアナグマでなくネアンデルタール人であったとしても、その目的は謎のままだ。ネアンデルタール人が洞窟の中で何をしていたのか、どのくらいのあいだ利用していたのかも分からない。ジョベール氏らは、さらなる調査によって物語の全貌が明らかになるまで、憶測でものを語ることはしたくないと言う。

 とはいえ、私たちの古い親戚が、洞窟の奥深くの炎に照らされたストーンサークルで何をしていたのか、想像を膨らませずにはいられない。

 「ブルニケル洞窟の構造物の年代は、長く寒冷な氷期までさかのぼることができます。その時代には、洞窟は暖かい避難所だったのかもしれません」と、ストリンガー氏は言う。

「洞窟を利用した人々が残したものがまだ埋もれていれば、この場所が避難所として利用されていたのか、もしかすると木材や動物の皮でできた屋根があったのか、あるいは、より象徴的・儀式的な意味合いの強い場所であったのかが分かるでしょう」(参考記事:「人類3種が数万年も共存、デニソワ人研究で判明」

【フォトギャラリー】ネアンデルタール人、絶滅の謎

文=Nadia Drake/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加