【動画】絶滅したナマケモノの骨格化石が水中洞窟で見つかる(解説は英語です)
キューバの水中洞窟で、絶滅したナマケモノの骨格化石3体が見つかった。水中洞窟で絶滅動物の化石が見つかるのは、きわめて珍しい。

 キューバ西部のひなびた農園で、ナショナル ジオグラフィック協会が支援する調査チームが驚くべき発見をした。それは、3体の絶滅したナマケモノの骨格化石だ。農園の地下にある水中洞窟で、数千年もの間、誰に邪魔されることなく眠っていたようだ。

「私たちの足の下に、そんな大昔の世界があるなんて、なかなかピンときませんよ」と、調査チームのリーダーでカナダ、ビショップ大学の地理学者マシュー・ペロス氏は言う。

4500年前に絶滅したナマケモノ

 最初に発見したのは、遊び半分で水中洞窟を探検していたダイバーたちだった。偶然の発見だが、保存状態がきわめて良好で、更新世に起きた大量絶滅の謎を解き明かしてくれる可能性がある。この時代、南北米大陸に生息していた大型哺乳類の大半が死に絶えたのだ。(参考記事:「シベリアで氷河期の絶滅ライオン見つかる」

 オオナマケモノやマンモスといった陸上の大型動物は、1万年ほど前に北米大陸のほぼ全域から姿を消した。だが、キューバなどのカリブ諸島には、水中洞窟から発見された種を含む数種のナマケモノがおよそ4500年前まで生息していた。地質学的な尺度で言えば、ほんの少し前に起きたことになる。(参考記事:「マンモスを絶滅させたのは人間か? 気候変動か?」

 最近見つかった証拠から、人類がキューバに到達したことで、ナマケモノが絶滅に追いやられた可能性がある。狩猟の対象になったり、何らかの圧力をかけられたりしたためと考えられる。しかし、ナマケモノの絶滅に、気候変動などの要因がどの程度影響しているのかは不明だ。(参考記事:2010年10月号「巨獣はなぜ消えた?」

「わずか1万年前には、大型哺乳類の種は今より3~4倍多かったんです。それが、すべていなくなってしまいました。なんてことでしょう」。そう話すのは、今回の調査には参加していないが、カリブ海地域のナマケモノの絶滅を研究する米国自然史博物館のロス・マクフィー氏だ。

ほとんど無傷の骨格

 水中洞窟の骨格化石は、キューバでしか見つかっていない絶滅した2種のナマケモノのものだった。3体のうち2体は、小さめのネオクヌス(Neocnus Glirifornmis)で、木にしがみついていたと考えられる。ペロス氏の言葉を借りれば、「小型犬ほどの大きさ」だ。もう1体は、動きの鈍い大型のメガロクヌス(Megalocnus rodens)のもの。この種は、小型のクマほどの大きさだった。

 これらのナマケモノがどのように最期を迎えたかはわかっていない。洞窟の奥にあった真水の池で水を飲もうとしていたとも考えられるし、どこか別の場所で死んだナマケモノが洪水によって洞窟の奥に運ばれたのかもしれない。

 いずれにしても世界的な海面上昇で、キューバの地下水の水位も上がった。それと同時に、洞窟は真水の地下水で満たされていき、水のタイムカプセルが何千年もの間、ナマケモノの骨格を保存していたのだ。

 マクフィー氏が注目するのは、骨格がほとんど無傷のままという保存状態の良さだ。「今回見つかったような完全に近い状態の標本には、めったと出合えません」と、マクフィー氏。「骨がバラバラになっている場合がほとんどですからね」

 さらに良いことに、洞窟には化石だけではなく、過去の気候を知る手がかりとなる洞窟生成物もある。洞窟内の水に含まれる鉱物分によって形成される化学沈殿物で、鍾乳石はその代表だ。ペロス氏によれば、洞窟生成物は空気中でしか堆積しないため、化石と洞窟生成物が同時に発見されたことで、洞窟が水没した時期の推測が可能になり、過去の海面上昇の経緯を詳細に解明できるようになるという。

正確な年代はわからない

 だが、マクフィー氏とペロス氏がそろって指摘するのは、水中での保存にはマイナス面もあるという点だ。水は骨格の損傷をほぼ防いでくれる一方、放射性炭素年代測定に欠かせない骨のコラーゲンを分解してしまう。そのため、ペロス氏のチームは骨格を少なくとも4000~5000年前のものだと考えているものの、正確な年代を特定できないでいるのだ。

 何にもましてペロス氏を驚かせているのは、調査がとんとん拍子に進んだことだろう。今回の洞窟探査には、熟練した写真家やダイバー、米国とキューバの研究者同士の信頼関係が必要だった。さらに、お役所仕事的な面倒な手続きもあったが、キューバ自然史博物館の学芸員で調査チームのメンバーだったホアオ・ガブリエル・マルチネス・ロペス氏が奔走してくれた。こうして調査は驚くほどスムーズに行われたのだ。

「みんなと一緒に調査に携われて、言葉にできないほどラッキーでしたよ」と、ロペス氏。「すご腕の人たちと仕事をすると、『ワオ』って驚くほど、うまくいくんですよ」(参考記事:「ナマケモノやカメはなぜのんびり生きられる?」

文=Michael Greshko/訳=倉田真木