北極温暖化でシギが小型化、南半球でも生存不利に

コオバシギ(Calidris canutus)の全長25センチほどだが、近年、気候変動により小型化が進んでいる。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

【元の記事へ戻る】