事故から30年、チェルノブイリが動物の楽園に

チェルノブイリ原発事故直後、住民たちは取るものもとりあえず避難していった。それ以来誰も住むことのない家には、草木が鬱蒼と生い茂っている。(PHOTOGRAPH BY GERD LUDWIG, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー