【動画】ヘビの驚異の高速アタック

重力の28倍で頭を加速、米科学者がハイスピードカメラで撮影

2016.04.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
防御反応を見せる野生のテキサス・ラットスネーク。(PHOTOGRAPH BY ROLF NUSSBAUMER, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 昔から、ガラガラヘビなどの毒ヘビの方が、毒を持たないヘビよりもはるかに瞬発力は優れていると考えられてきたが、ハイスピードカメラの映像によってそれが必ずしも正しいわけではないことが明らかとなった。 

 そればかりか、無毒なヘビの中には、有毒ヘビよりも動きの速いものもいた。

「壁に押し付けられてまぶしいライトを顔に当てられ、体の大きい毒ヘビの方が瞬発力が強いかと問い詰められれば、『ええ、多分そうだと思います』と答えてしまいますね」と、豪シドニー大学の研究者リック・シャイン氏は語る。「ありがちな誤解ですが、私もすっかり信じ込んでいました」。なおシャイン氏は、今回の研究には参加していない。(参考記事:「【動画】「ニセのクモ」で鳥をだまして食べるヘビ」

 米国では西部開拓時代から、放たれた弾丸ですらガラガラヘビは噛みつくことができるとまことしやかに語り継がれてきたが、科学誌「Biology Letters」にこのほど掲載された論文は、この神話を覆すものだ。

 米ルイジアナ大学ラフィエット校の大学院生で、研究を率いたデビッド・ペニング氏は、「突拍子もない話ですが、かなり広く信じられている神話です」と話す。(参考記事:「猫はいつも足で着地できる? 動物都市伝説の真相」

 普段はテキサス・ラットスネーク(Pantherophis obsoletus)など毒のないヘビを研究対象とするペニング氏は、体長1.8メートルまで成長するヘビには、体の大きさによって獲物の捕らえ方に違いがあるのかを調べていた。

 ところが、学部生のバクスター・ソーベル氏が成体のラットスネークをビデオ撮影していると、その攻撃速度は毒ヘビとほぼ変わらないほど高速であることに気付いた。あまりの速さに、ペニング氏は最初、観察結果を信じることができなかったという。(参考記事:「コウモリが空中で反転して止まれる理由を解明」

「指導教員に話してみると、私たちはどちらも、毒ヘビの方が攻撃速度は速いと思い込んでいました。文学作品にもそう書かれていますし、どのドキュメンタリー番組を観ても、同様のことが言われています」

0.1秒で時速約100キロに

 意外なことに、過去の研究論文を掘り起こしていくと、これまで毒ヘビの攻撃速度については特に研究されてこなかったことにペニング氏は気づいた。

 そこで同氏の研究チームは安全に撮影できる箱を作成し、中に詰め物をした手袋を差し入れてみて、ラットスネークと毒ヘビの攻撃を観察することにした。2匹の毒ヘビには、ヌママムシ(Agkistrodon piscivorus)と、ニシダイヤガラガラヘビ(Crotalus atrox)を使った。

ヘビの高速アタック ハイスピードビデオカメラで、有毒ヘビと無毒ヘビの攻撃の様子を比較。最初に単独で登場するほうが無毒のテキサス・ラットスネークで、あとから出てくるほうが毒をもつニシダイヤガラガラヘビ。(説明は英語です)(Footage courtesy David Penning.)

 動画を見ると、ラットスネークの攻撃速度、加速度、そして攻撃にかける秒数は、毒ヘビと変わらないことが分かる。

 ペニング氏は、驚くことではないと語る。ヘビは毒のあるなしに関係なく、ウサギやネズミといった動きのすばしこい獲物を狙うためだ。

 実際のところ、実験で2番目に速かった個体はラットスネークで、頭の動きの加速度は274m/s2を記録した。地球の重力加速度の28倍に相当する。

 これは驚異的な数字だ。自動車なら、停止した状態からわずか0.1秒以下で時速97キロに達する計算になる。中に乗っている人間には想像を絶する激しいGの力がかかることとなる。(参考記事:「0.00012秒の瞬時に閉じるクモのアゴの謎を解明」

 カメレオンの舌も同様に圧倒的な速さで飛び出すことができるが、ヘビの場合は舌よりもはるかに大切な頭部を高速で繰り出してくるのだ。(参考記事:「カメレオンの舌、重力の264倍で加速と判明」

筋肉の数は人間の20倍

「頭は体の中でも最も繊細な部分です。その加速度は、世界一熟練したパイロットですら、耐えられたとしても長くは続かないでしょう。本当に驚きです」

 しかし、その瞬発力は一体どこから生まれるのだろうか。

 次なる研究は、ヘビの複雑な筋肉組織を解読することである。ヘビには最高で1万5000もの筋肉がある。これは人間の体の20倍に上る。

「体中のいたるところで様々な筋肉が運動しています。何が何を動かしているのかも、まだよく解明されてはいません」と、ペニング氏。

「まだまだ研究すべきことはたくさんあります」

【動画】ヘビが苦手な人は見ないでください 2014年6月25日。カナダ、マニトバのナルシス・スネーク・デンズには、毎年、大量のヘビが集結する。ここは、ヘビの集合場所としては世界最大と言われている。マニトバの気候と地質が、ガーターヘビのすみかと、出会いの場によく適しているのだ。観光名所にもなっているが、心臓の弱い人にはお勧めできない。

文=Michael Greshko/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加