地球の半分を自然保護区に、著名生物学者が提言

外洋に浮かぶ氷山に取り残されたホッキョクグマの母子。ホッキョクグマは、気候変動により生息域が縮小している数多くの生物の一つ。(PHOTOGRAPH BY PAUL NICKLEN, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー