Tレックスは頭がいいから最強に?新種化石が示唆

ティラノサウルスが最大かつ最強の陸の捕食者になれたのはなぜなのか

2016.03.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[画像のクリックで拡大表示]

 ティラノサウルス・レックスが属するティラノサウルス類に、新種の恐竜が加わった。ウズベキスタンの砂漠で9000万年前の骨が見つかったのだ。

 新たに発見された種「ティムルレンギア・エウオティカ(Timurlengia euotica)」は、既知のどの恐竜とも違っている。大きさはウマくらいで、比較的小型だった初期のティラノサウルスに近い。しかしその大きな脳と発達した耳は、Tレックスなど、後期のティラノサウルス類に見られるものだ。

賢さが先か、たくましさが先か

 科学誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で発表されたこの新種は、恐竜の進化に関する長年の謎を解く鍵となる可能性を秘めている。その謎とは、ティラノサウルスはなぜ、どのようにあれほど大きな体を持つに至ったのか、というものだ。

 最も古いティラノサウルス類の化石は1億7000万年前のもので、それ以降、およそ1億年前まで、彼らはせいぜいイヌ程度の大きさしかなく、厳しい環境をなんとか生き延びていた。(参考記事:「草食のTレックス近縁種発見、肉食から進化途上か」

 ところが白亜紀の終盤、8000万年前ごろには、ティラノサウルス類はTレックスのような、地球史上最も大きく、最も恐ろしい陸上の捕食者の仲間へと進化を遂げていた。(参考記事:「Tレックスのメニュー拝見、ときには共食いも」

 しかも、体が大きいだけではなく、彼らは天賦の才能にも恵まれていた。

 論文の共著者で、米スミソニアン国立自然史博物館のハンス=ディーター・スーズ氏は言う。「映画『ジュラシック・パーク』で描かれた姿とは裏腹に、Tレックスは鋭敏な感覚の持ち主でした。彼らがすぐれた視力、驚くほど鋭い嗅覚と聴覚を備えていたことは明らかです」

 彼らの殺し屋としての感覚を支えていたのは優秀な脳だ。脳のにおいを感じる部位であるふたつの嗅葉は、それぞれが大きさがグレープフルーツほどもある。そして、耳道は長く環状になっていて、離れた場所にいる獲物の足音のような、低周波の音を聞き分けるのに役立った。

 それでも研究者らは、ティラノサウルス類がどのような過程をへてより賢く、たくましく進化していったのかをつかめずにいた。なぜなら、ティラノサウルス類が小型から大型の種へと進化した1億~8000万年前の化石があまりにも少なかったからだ。(参考記事:「ティラノサウルスの小型種、極地で発見」

 スーズ氏は言う。「当時はちょうど、海水面がとても高かったのです。この時期の陸上生物の化石は、ほとんど見つかっていませんでした」

Tレックス大解剖 史上最強の捕食動物、Tレックス。過去発見された化石をスキャンしたデータに基づき、­筋肉、内臓や脳、胃や卵の内容物まで、実物大のTレックスを忠実に再現。世界有数の研­究者たちが全身をくまなく解剖し、能力と生態、死因に迫る。詳しくはこちら

初期と後期のティラノサウルス類を結ぶ化石

 研究者たちに新たな道を開いたのはソビエト連邦の崩壊だった。現在のウズベキスタンにある、9200万~9000万年前の化石が埋まっているビッセクティ層の本格的な調査ができるようになったのだ。この場所では、1970年代半ばからソビエトの古生物学者、レフ・ネソフ氏が調査を行ってはいたが、旧体制崩壊の後、ネソフ氏は、教え子で博士課程の学生のアレクサンダー・アベリヤノフ氏、米サンディエゴ州立大学の研究仲間であるJ・デビッド・アーチボルド氏と共に大規模で長期的な発掘計画に着手した。同計画にはナショナル ジオグラフィック協会も、97年と98年に資金を提供している。

 2004年、調査チームはグレープフルーツ大の骨を発見した。それは恐竜の頭蓋の一部で、首の筋肉とつながり、脳と耳道を守るものだった。

 アベリアノフ氏の手に預けられたその頭蓋は、それから10年の間、ロシア科学アカデミー動物学研究所にある段ボール箱に入れられたまま放置されていた。そして2014年になって、英エジンバラ大学のティラノサウルスの専門家、スティーブン・ブルサット氏の目に止まる。

「見た瞬間、これはティラノサウルスの頭蓋に似ていると直観しました」とブルサット氏は言う。「ただしTレックスよりもずっと小さいとは思いました。Tレックスであれば、同じ部分の骨はバスケットボールよりも大きいはずです」

 CTスキャンを使った詳細な分析により、ブルサット氏の正しさは証明された。たとえばこのティムルレンギアは、後のティラノサウルス類と同じように、驚くほど長い耳道を持っていた。つまり、低周波の音に対する聴覚がすぐれていたということだ。ギリシャ語で「耳がいい」を意味する学名「エウオティカ(euotica)」は、この特徴に由来する。(参考記事:「恐竜と似た声の動物が人類と共存、5万年前に絶滅」

 一方で、頭蓋は前後に短く、初期のティラノサウルス類であるシオングアンロングに近い。また、後のTレックスのような深い溝や出っ張りは見当たらなかった。

「この頭蓋は、まさしくロゼッタストーンでした」とスーズ氏は言う。「なぜなら脳の構造が、基本的には後のTレックスと同じでありながら、同時に原始的な部分も持ち合わせていたからです」

 その他の骨の破片もまた、すべてが同じことを物語っていた。つまり、この恐竜がウマくらいの大きさのティラノサウルス類の新種であり、年代、大きさ、感覚器官の発達の程度は、初期と後期のティラノサウルスの中間に位置するということだ。

まずは脳、次に筋力

 この発見は、ティラノサウルス類が最初に鋭敏な感覚と脳構造を発達させ、ずっと後になってから大きな体を持つようになったことを示唆している。彼らよりも早い時期に現れ、9400万年前に絶滅した大型の肉食恐竜、アロサウルスにティラノサウルスが取って代われたのは、その賢さのおかげだったのかもしれない。(参考記事:「Tレックス以前の“恐竜王”を発見」

 しかし、今回の調査チームの研究はまだゴールには程遠い。何と言っても彼らの手元には、ティムルレンギアのものであると断定できる標本が頭蓋ひとつだけしかないのだ。ブルサット氏は言う。「これではまるで、殺人事件をたったひとつの証拠から解決しようとしているようなものです。実験や分析以上に、とにかく今は、もっと多くの化石が必要です」

Tレックスよりも巨大なスピノサウルス 2014年に発見された、T・レックスよりも巨大なスピノサウルスの化石からは、彼らが他の恐竜とは異なり、泳ぎが上手だったことが見て取れる。モロッコの砂漠で発見された骨は、彼らがサメなどの魚類を食べていたことを示唆している。詳しくはこちら

文=Michael Greshko/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加