フィリピン、パラワン島沖にあるサンゴ礁の割れ目で、シアン化ナトリウムを使った違法な方法で魚を獲る漁師。(PHOTOGRAPH BY JURGEN FREUND, NATURE PICTURE LIBRARY, CORBIS)
[画像をタップでギャラリー表示]

 かかりつけの歯医者、レストラン、リゾートホテル、そして一般の家庭。海の熱帯魚の水槽は、いまやありとあらゆる場所に飾られている。色鮮やかなサンゴと、それ以上に鮮やかな魚たちが織り成す平和な海の世界をリビングにいながらでも楽しめるようになった。(参考記事:「南太平洋 サンゴの楽園」

 だが、そうした熱帯魚がどこからやって来るか、ご存じだろうか。海の熱帯魚のうち人工的に繁殖できない種は98%、つまりほぼすべてに上る。となれば、魚の逃げ場だらけのサンゴが群生する海のなかで捕ってくるしかないが、一体どうやって捕獲するのか。(参考記事:「観賞魚はどこから来るのか?」

 ほとんどの場合、猛毒のシアン化ナトリウムによる。

 シアン化ナトリウムの別名は青酸ソーダで、青酸カリとほぼ同じ毒性を持ち、熱帯魚輸出国の上位を占めるフィリピン、スリランカ、インドネシアで多くの漁師たちが使っている。粉状に砕いてから溶かしたものをスプレーボトルに詰め、水中で魚に吹きかける。目当ての魚は動けなくなるため、簡単に捕まえられる。当然、周囲のサンゴ礁や他の海洋生物も全てシアン化ナトリウムを浴びる。

 米海洋大気局(NOAA)と国連によれば、米国に毎年輸出される熱帯魚1250万匹のうち、推定70~90%がシアン化ナトリウムを使った違法な漁で捕獲されているという。

 3月7日、これらの違法な輸入魚を取り締まるよう、複数の環境保護団体が米国政府に要望書を提出した。要望には非営利団体「生物多様性センター」、「ヒューメイン・ソサイエティー」、そしてハワイに拠点を置く「フォー・ザ・フィッシズ」が名を連ねている。(参考記事:「ワールド・イズ・ブルー 母なる海に迫る危機」

フィリピン、ルソン島沖のサンゴ礁は、シアン漁やダイナマイト漁によって破壊されてしまった。(PHOTOGRAPH BY JURGEN FREUND, NATURE PICTURE LIBRARY, CORBIS)
[画像をタップでギャラリー表示]

海の熱帯魚はどこから来るのか

 米国で売られる熱帯魚は、ほぼ例外なく東南アジア、フィジー、ケニア、ハワイ近海のサンゴ礁で捕獲される。人気の魚種の人工繁殖も試みられているが、適切な方法はまだ見つかっていない。取引されている熱帯魚は約1800種に上り、人工的な育成に成功したのは、数種のクマノミとハゼなどごく一部にとどまっている。

シアン化ナトリウムで魚を捕るのは違法?

 生物多様性センターによれば、フィリピン、スリランカ、インドネシアはいずれもシアン漁を禁止しているものの、法律は実際には効果を発揮しておらず、依然として広い範囲で行われている。WWF(世界自然保護基金)は、フィリピンでは自家用飛行機でシアン化ナトリウムが漁師に届けられ、魚がまとめて生け捕りにされると報告している。

背景にある漁業の現状

 死んだ魚よりも、生け捕りの魚の方が漁師に入る利益は大きい。WWFによれば、このため食用魚の漁から観賞魚の生け捕りに切り替える漁師が増え続けているという。観賞用熱帯魚の取引額は、年間およそ2億ドルに達している。(参考記事:「ピラニア4万匹を密輸」

シアン化ナトリウムをかけられた魚はどうなるのか

「フォー・ザ・フィッシズ」のディレクター、ルネ・アンバーガー氏は、シアン化ナトリウムへの曝露の影響を調べた科学調査を紹介した。その打撃は極めて大きい。シアン化ナトリウムを吹きかけられると、魚は「呼吸がほとんどできなくなり、次いでバランス感覚を失い、すべての呼吸活動が完全に失われます」。曝露の量が多すぎて、その場で即死する魚もいる。その後の流通過程で、さらに多くの魚が死ぬ。残りが、魚の入手方法を疑わない消費者の水槽に入るまで持ちこたえるが、程なく死んでしまう。なので、市場は売り逃げゲームのようになっているという。

魚以外の生物への影響は?

 シアン化ナトリウムによって死に至らなかった魚も、一時的に遊泳と呼吸の能力が損なわれる。加えて、サンゴも被害を受ける。「インターナショナル・マリンライフ・アライアンス」のサム・ママウアグ氏によれば、フィリピンではシアン化ナトリウムで魚が1匹生け捕りにされるたびに、およそ1平方ヤード(約0.84平方メートル)のサンゴが破壊されるという。シアン化ナトリウムは少量でもサンゴの白化を引き起こし、サンゴを土台とした生態系が揺らぐ。サンゴが全て死滅することさえある。(参考記事:「壊れゆくサンゴの王国 グレート・バリア・リーフ」

 サンゴが一度死んでしまうと、生態系全体が崩壊する。サンゴ礁の魚、甲殻類、植物、その他の生物などは、サンゴ無しでは餌も隠れ場所も繁殖地も確保できない。その影響は食物連鎖を通じて波紋を広げ、人間を含む数多くの種に影響が及ぶ。生物の生息地としてのサンゴ礁は、数千万の人々に食料をもたらし、商業漁業や観光、その他多くの産業を通じて人々の生計を助けているのだ。

米国が取れる対策

 米国では、外国の法律に反して入手された野生生物の輸入は「レイシー法」で禁じられている。これに基づき、米国の法執行機関はシアン漁で捕獲された魚を突き返すことが可能だが、生物多様性センターのニコラス・ウィップス氏は「米国のどの機関も、輸入された観賞魚にシアン化物が含まれていないかどうかの検査を行っていません」という。今回の要望書は、米国海洋漁業局、税関・国境警備局、魚類野生生物局に対し、輸入熱帯魚にシアン化物の検査を課し、認証を行うことで、シアン漁で捕獲された魚を締め出すよう求めている。

私たちにもできることは?

 環境保護団体は、飼育下で繁殖された魚だけを買うよう熱帯魚の愛好家たちに訴えている。それを示すラベルを付けている店もあるが、一番いいのは直接尋ねることだ。フォー・ザ・フィッシズが米国ヒューメイン・ソサイエティー、ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル、ソフトウェア会社エイスリングと協力して開発した無料アプリ「Tank Watch」を使うと、自然のサンゴ礁を守りつつ観賞できる魚種を探すことができる。(参考記事:「密猟象牙の闇ルートを追う アフリカ発 特別調査レポート」

This story was produced by National Geographic’s Special Investigations Unit, which focuses on wildlife crime and is made possible by grants from the BAND Foundation and the Woodtiger Fund. Read more stories from the SIU on Wildlife Watch. Send tips, feedback, and story ideas to ngwildlife@ngs.org.

文=Rachael Bale/訳=高野夏美