写真家がとらえた、難民の子どもたちと眠り

ワッラー(5歳)は、眠ろうとすると、シリアの故郷アレッポが攻撃された記憶が甦る。母は枕で砦を作り、眠っても怖いことは何も起こらないと言い聞かせている。(PHOTOGRAPH BY MAGNUS WENNMAN/REX/SHUTTERSTOCK)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー