温暖化対策の切り札が地球にとっては逆効果?

ウガンダのルガジにあるエコ・フューエル・アフリカ社の工場で、作業員が「バイオ炭」を天日に干す。大気中の二酸化炭素を回収するひとつの方法として、生物資源を材料にした炭化物を耕作地へすき込むという方法がある。(PHOTOGRAPH BY MICHELE SIBILONI, AFP/GETTY)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー