謎の古代文明の遺跡、最後の悲劇物語る遺物が続々

壊れたメタテの脚に彫られた疑似グリフは、マヤ文明において夜空を抽象的に描いた「天空の帯」にどこか似ている。脚の中央にある結び目のようなデザインは、同じ地点から出土した他の遺物にも多く見られた。(PHOTOGRAPH BY DAVE YODER, NATIONAL GEOGRAPHIC MAGAZINE)

【元の記事へ戻る】